こんな装備が大好きだ。

おはようございます。今朝は3時過ぎに起床。北海道の夜明けは早く4時過ぎから外は明るくなります。朝型人間には好都合。原稿アップまで残り3日。適度な緊張感が心地よい。19日の夜はアイスホッケー練習なので区切りとしては最高です。そうだ飯島号の装備が良かった。これは使えます。クラシックにも装備したいと思案中。

飯島くんご自慢の一台90V8です。自慢のクルマが多過ぎて。なにやらケーブルが伸びてます。そうです充電中。

前にも一箇所。

そして室内にも一箇所。彼の場合は所有するクルマが多過ぎます。そんな理由で緊急充電車が必要となる。手持ちの充電器で十分と思わないで。こうやってクルマで充電するとやった感が高まります。90V8に三箇所のソケット装着。私は好きです。凄く好きです。真剣に取り付けを考えます。貴方もどうですか。

こんにちは女王陛下。

おはようございます。現場のベテランスタッフが退社したとかで6月は休み無しで働いた斎藤さん。疲れ切った顔で伊達に来てくれた。洞爺湖の釣り以来かな。北海道のスーパーでは鮮魚で無くて肉が売れるらしい。最近の若者達は魚より肉なのだ。肉売り場の責任者の斎藤は超忙しいのだ。次号の斎藤さんデイリーに書いているが、不思議な3ナンバーから1ナンバーに変えたいらしい。税金が高額で辛いとか。確かに支払った税金を聞いて納得。何度も書いたが道民は仕事では使うがプライベートで高速道路は無視。高速料金は高い1ナンバーだがそれ以外はメリットが多い。次の車検では本来の1ナンバーに130は変更するらしい。

130の室内に取り付けようと思い購入したが大き過ぎたらしい。私にプレゼント。女王陛下が手を振ってくれる。これは有難く感謝感激。威風堂々の音を毎日流すか。顔は似てそうで似て無い。許可を取ったのか。取る訳が無いな。英国小物が徐々に増えてきた。自分では買わ無いのに有難い。北海道の片田舎の伊達の古びた一軒家の一室に、英国好きなオヤジが居るなんて誰も解らない。今年の冬はボア付きバブアーを着るか。最近英国熱がぶり返している私なのだ。

ディスカバリー1&2を乗りこなせ。

おはようございます。連休なのですね。曜日の感覚はまだあるのですが祝日が入ると混乱します。そうか世間は三連休だったのか。撮影した商品を段ボールで送り返そうと思っていると、郵便局で送れる大きさの制限が有ることに気付く。習慣で郵便局しか使わ無いのだ。しかし衣料品は各社大きな段ボールで送ってくる。送ってきたのは郵便局では無くてヤマトとか佐川だった。変な事で納得している私なのだ。さてたまにはディスカバリーネタでも書こうかな。

先日のブログで飯島くんの自宅敷地で集合写真を撮った。そこから数台近くの公園に運び部分カット撮影。久しぶりにじっくりとディスカバリーをファインダー越しに見つめる。外観はディスカバリー1に魅かれる。綺麗なボディライン。無駄が無いな。

コレがディスカバリー1。

こちらがディスカバリー2。そうか私の好きなのはディスカバリー0か。ディスカバリー1の前期タイプなんだ。超シンプルな内装だったな。ディスカバリー0の腰下はクラシック。腰上がディスカバリー。そう考えると私はクラシック好きなのか。でもディスカバリー1でも2でもまだまだ現役で普通に使えます。ちょっと車高を上げてタイヤはMTに。オフ車風にすれば気分も高揚。シートもレカロに変更すれば戦闘気分になりますし。まだまだ現役で使えるディスカバリー1&2です。ランドローバーの車体がどんどん巨大化している昨今。ちょうどいい大きさだなと考える。旧車と言われてもたかだか90年代。整備を行えば全く問題無い。V8だろうがディーゼルだろうが関係無い。我が道を突き進む姿が価値観だと私は考えます。

オーナーが愛情を注いだクルマは光り輝く。

おはようございます。伊達は暑くは無い。寒くも無い。でも快晴では無い。中途半端な天気が続いている。雨が降ったり薄日が差したり。昨日は庭の残っていた雑草を刈る。これで私の役目は終わった。除草剤を使うなと言ってもお袋は隣との境界線に使う。どうやら面倒な隣人らしく雑草が伸びると文句を言うらしい。蟻が増えたとか虫が家に入ってくるとか。田舎の近所付き合いも難しい。私には無理だと思ってしまう。さて今日は何を書くか。旭モータースで取材をした次号セレクションで紹介するクルマを書いて無かったな。

Td5である。最近は極端に減ってきた中古車Td5。Tdiを探している人はTdiしか興味が無い。Td5だけ探しているって話は余り聞か無い。でもディフェンダーの中古車を探している人の多くはTDCiの中古車には手は出さ無い。TDCiの中古車を買う人の多くは初めてのディフェンダー。いや初めてのランドローバーが意外と多い。

そもそもディフェンダーのエンジンに拘る人種はある程度の勉強はしているのだ。もしかしたらTDCiの新車を買う方々はエンジンには興味が薄いのか。なんて考えてしまう。エンジン特性の好き嫌いは有って欲しいなんて思う私は変なのか。

因みにコレがTd5のエンジンルームです。今更の話だが流れで紹介しておく。旭モータースも中古車の仕入れでは苦労しているとか。昨今はディフェンダーはどれでも売れるとクルマ屋さんが勘違い。買う人だって品定めは致します。ボロボロのクルマは手を出しません。適正価格が問われます。整備をして修復して有る中古車を探します。ディフェンダー神話がいつまで続くのか。旧ディフェンダー新車もいずれ底をつく。これからは丹精込めて整備しているクルマが光り輝く時代が訪れます。愛車ランドローバーを可愛がりましょう。車種は関係有りません。クラシックは絶好調ですよ。

次号は24日発送します。

おはようございます。次号の表紙データを印刷に入れました。納得の出来栄えかな。ちょっと今までとは違う方向性でクルマを置きました。でもコレも有りだと考えます。私のイメージする絵なのでコレでよし。

納品・発送は今月24日となります。今まで以上に旧ランドローバーを愛し語り続けます。到着まで暫しお待ちください。これから本文の原稿書きが始まります。一週間は産みの苦しみを味わいます。