専門店が近くに無くても維持は出来る。

おはようございます。貴方が住んでいる地域でランドローバー専門店が無い場合は。理想は日々ランドローバーを整備している専門店があればベスト。しかし全国津々浦々に専門店は無い。そんな時は国産・外車問わず整備を専門に営んでいる整備工場を探す。田舎なら農機具から船から何でも整備している工場が理想。そして認証工場ならよりベストかな。そしてランドローバーのパーツを入手出来るパーツ屋さんの連絡先を教える。私はパーツ持ち込みが生理的に好きでは無い。工場に全て任せたい。腕が有りパーツが入手可能で有れば何とかなる。ただランドローバー専用テスターが必要なクルマは覚悟が必要となる。


私が伝えた箇所は全て整備が完了した。


こんなパーツも、


こんなパーツも、


こんなパーツも、


新品パーツに交換すれば違いが解る。メカニックはパーツの用立てで苦労すると面倒になる。ならばパーツ入手方法を伝えれば問題解決なのだ。専門店は必要なパーツは在庫として持つ。専門店以外は在庫が無いのが当たり前。専門店は多少のリスクが必要と考えて欲しい。だから専門店なのだ。専門店が近くに有ればいいに決まっている。しかし無いからと好きなランドローバーを諦める事は無い。無いならちょっと頭を使い任せられる工場を探し出せ。そして自分が所有するランドローバーのパーツを買えるパーツ屋を見つけ出せ。


今回も塗装してくれた。客は気配りが嬉しいのだ。私は100号達成までは伊達で原稿を書くと決めた。洞爺湖のオヤジとは長い付き合いになる。ただオヤジは私より年上。あと10年は現役で頑張って欲しいと願っている。徐々に仕上げますよクラシックを。不具合が治り満足している私なのだ。旧車は維持出来ますかと聞かれる。たかだか1993年式です。免許返納まで整備さえ行えば普通に使えます。ガガの映画サントラを聴きながら、クラシックはいいなと微笑む私なのだ。