ウルフの洗脳です。

おはようございます。乗らなくなったお袋の自転車を乗ろうと、タイヤに空気を入れたら入ら無い。タイヤもチューブも全て劣化。お袋に聞いたら3年間使って無い。そりゃ無理だ。買った自転車屋まで押して運びます。それが遠い。聞くとタイヤとチューブと調整で1万円。明日には仕上げると言うからお願い。簡単に直ると思ったのに。仕方なく歩いてお店回り。1万歩きました。田舎は店と店が離れいます。さてクリーブランドから送られてきたディフェンダー情報を。私は選んでウルフを紹介します。いや洗脳致しましょう。


ロケーションが素敵です。300Tdiが好きなんです。


オヤジにはシートポジションが無理かな。まだ最近の軽トラのほうが楽だ。関係者は仕事だからウルフを運転するのでしょうが、本音は嫌だろうな。誰だって腰は痛くなる。あっこれはマイナスイメージになるな。しかしこれから300Tdiを求めても至難の技。ならばウルフを素材として仕上げるのも有りです。ウルフのエンジンはよく回りますからね。ご検討あれ。