Rabは本物だった。

おはようございます。天気予報では晴れマークだったのに昨日は曇り。外での撮影と決めていたので寒かった。寒いならば試そうと着込んだダウンがRabです。最高だ。完璧だと叫んでも現実味が無いので購入しました。普通の色だと差別化が無い。差別化という表現は変化か。目立たない。まっオヤジになると派手な色を好むのです。中高年がVANのアウターを着ている。あれは恥ずかしくて私は無理だ。


ダウンの下には薄いフリースだけ。それでも寒くなかった。やはりダウンメーカーの看板は本物です。重ね着は嫌いな私。ダウンの下にTシャツでも構わない。この配色で歩いているオヤジは私です。Rabは間違い無いと安心です。好きになった私はとことん紹介します。でもダウンを着てクラシックの運転は暑かった。Rabが本物のダウンだと汗をかきながらの運転でした。運転中はダウンベストがいいかな。