90V8左ハンドルを手放すな。

おはようございます。読者の方からのメールで、1997年から乗り続けていると聞くと偉いなと感心してしまう。正規輸入モデルのディフェンダーは90V8左ハンドルから始まった。当時のディフェンダーの人気ボディ色はグリーンかホワイト。王道の色だった。当時はディフェンダーがブラックなんて考えもしない時代。クルマのボディ色がブラックは社用車のイメージ。イギリスでもブラック塗装は、一部のクルマに採用されていた。私もランドローバーでブラックは一度も購入したことが無い。


プレス発表会はホテルオークラで開催。金色の90が登場し驚いた。私は嬉しくて涙した記憶がある。現在90V8左ハンドルは北米で高額取引されている。日本の業者は笑顔で買い取る。どうか現在所有の貴方は手放さないでお乗りください。業者は年式で安く買い取りますからね。日本で登録された90V8左ハンドルは日本で乗り続けるのが宿命です。これ以上日本からランドローバーを放出するのを防ぎたい。私の考えを理解して頂きたいと切に願っております。グリーンこそ英国車の原点だな。