部屋で体感テスト出来ます。

部屋で寝袋に入りながら寒さに耐えていると、世間も寒いのだろうと勘違いしてしまう。どうしても頭の中は防寒一色。暖房で部屋が暖まっている方には全く関係無いのだろう。しかし毎日私は寒さ対策しか頭に浮かんでこない。温泉に入り温まりたい。炬燵の暖かさでは体の芯は温まらない。体の芯まで温まりたい。布団から出るのが本当に辛い。そんな私なので日々防寒対策を考えてしまうのだ。


このダウンを着て暖まれるのか。


7000とは7000mの山でも問題無し。


Rabのトップモデル。


なんと8000m用なのだ。山に行かなくても国立の北側の築45年の部屋で体感テストが出来ると私は確信している。マジ寒いのだ。伊達の家より寒いと体が混乱している。テントが張れるのなら張りたい気分。しかし狭過ぎて張れない。体感的には早川のキャンプ場の底冷え。風呂に入っても寒い。建て替えだと叫びたいが、マスオさん状態なので口が裂けても言えない状況。Rabを借りてこようかな。