旧車を煽り過ぎ。ネタ不足の弊害だ。

職業なのか活字好きなのか、毎日色々なニュースはチェックする。また手軽なネット記事も読んでしまう。最近特にクルマ関連は旧車を盛り上げる記事が目に付く。要は扱う新車が少ないのと、興味を惹かれるクルマが無いのだろうな。そうなると旧車のネタにすがってしまう。今更と思ってしまうが余りにも小手先の記事が多い。書くなら旧車を購入してから書けと言いたい。外車や国産車を問わず本音で書きなよ。本質がみえてこない。


特に最近多いのがクラシックミニとクラシックレンジローバー。頼むから煽るなよ。価格が高騰して喜ぶのは販売店。消費者は喜ばない。維持管理のパーツ入手がどうなっているのか解っていない。そして購入のポイントは無知過ぎる。雰囲気で買えるクルマでは無い。買うのも売るのも勝手。しかし恋い焦がれて購入準備している人には大問題。中古車相場が高騰すれば困ります。整備が行われている中古車ならいいが、手を出してはいけないクルマまで価格アップでは危険です。誰かがババを引き当てる。不幸というか可哀想。間違わ無い中古車選びって本当に難しい。