真狩村で新たな出会い。その2。

昨夜は久しぶりのアイスホッケー。ヌルッとした汗がサラサラの汗に変わり大満足。何故かたまに転ぶ時は体をひねり体制確保。身の安全は自分で守るしか有りません。監督ともお話をし立場を改めて認識。そんな楽しい深夜のスポーツでありました。それにしても真狩村とは不思議な場所だ。そもそも村ですからね。あの市町村合併でも動かなかった。これは意味が有ります。今となって後悔している市町村が多いと考える。我が道を突き進むのが結果として良いことが意外と多いのです。何事もブレないことです。さて昨日の続きを書くとしましょう。カフェ以外に宿泊施設があります。それも一組限定。5名まで宿泊可能。それがなんとコンテナハウス。


寒くないのかと聞くと何も問題無し。


室内はこんな感じ。普通の家なんです。ちょっと驚きです。


室外にはお風呂もありました。でもクルマで数分に真狩温泉が有るのでお勧めです。露天風呂から羊蹄山がドーンと観えます。私は雪秩父に行きますが。


そして外にはこんな空間も。冬は寒いかな。1月にはコハム旦那とライフ旦那と斎藤さんとここで飲み会予定。豪雪の真狩村でコンテナ宿泊体験。お楽しみに。


敷地内には宴会場いやバーベキューハウスも有ります。オーナーがビール好きでビールサーバー完備。私はビールを飲まないので関係ありませんが。しかし面白い場所でした。これで私のスペシャルコースは雪秩父でサッパリしfuccaでお茶。その後にライフでカレー&カフェオレ飲んで、洞爺湖コハムで珈琲を飲む。完璧な一日コースの完成です。でもクルマが無いので斎藤さんとの同伴がお決まり。真狩村での新たな出会いの報告でした。まだまだ不思議な村民が多い真狩村なので次なる場所に期待してください。終わり。