042号は11月19日発送します。

次号042号は11月19日納品・発送です。11月25日開催のデュアル最終戦取材予定。まだ参加メンバーが不明ですがランドローバーが参加するだろうと判断。何か情報がありましたら教えてください。


両足を濡らしながらの撮影場所探し。現地に着くまで高速渋滞18km。この日は色々と面白かった。小城さんにお世話になりました。それにしても90PUはいつ運転しても面白い。完全にスポーツカーですよ。車重が軽いと大メリット。ただシートポジションが還暦オヤジには辛い。10cm背が倒れると楽なのに。Wolfについても叫びました。釣り企画の写真は絶景です。お楽しみにお待ちください。

手入れ不足はオーナーの責任。

私は朝起きると窓を開けて外気を室内に入れる。これは習慣なのだ。伊達は日々冷えてきた。私は冬でも外気を入れる。でも虫は嫌いなので網戸は必需品。網戸を直してくれた岡田くんは仕事で種子島。元気であろうか。頭の中はランドローバーのことで一杯。今は原稿書き真っ最中。伊達に来て朝は5時前に起床。昼間は原稿書きで夕方は買い出しで歩く。なんとも規則正しい生活である。喫煙は規制が無いので本数が増えている。吸いたい時に吸うのがいいのか悪いのか。自由過ぎるのはダメだな。さてランドローバーネタを書くか。ブランドが認めたシートを撮影。珍しいので記念に撮った。


ディフェンダーTd5に取り付けている。本革シート。座り心地はいい。


自動でシート調整が可能。貧乏性なので自動は壊れると考えてしまう。私は手動が好きだ。全てに於いてオートは嫌い。


本来革好きなのでテンションが上がる。しかし革を観ると手入れをしたくなる。革は生き物だ。ちょっと手入れ不足。クリームを十分含んで欲しいな。そうすれば長く使えます。東京に戻ったらクラシックのシートを手入れだな。

中古車は距離で判断しても解らない。

知らないとは恥ずかしい。いま私が東京で参加しているアイスホッケー教室のヘッドコーチが、アイスホッケー日本代表男子の監督だった。何気なくニュースをチェックしていて解った。実業団現役時代の活躍は知っていたのだが。本当に恥ずかしい。そんな現役監督と普通にアイスホッケー談義。11月8日から11日までリトアニアで国際試合。頑張れジャパン。そんなヘッドコーチにチェックしてもらえる私は幸せだ。東京に戻ったら気合を入れて練習に励むぞ。さてランドローバーネタを書くとするか。さすがたなと感じた。日本でディフェンダー販売台数日本一のクリーブランド。私が初めて訪ねた1995年頃。まっ販売しているから訪ねたのだが。その頃はアメ車とディフェンダーがメインで販売。雰囲気はディフェンダーが無ければ近寄らない店。それから考えると多分25年位はディフェンダーを売り続けている。300Tdi、V8、Td5、TDCiとあらゆるディフェンダーを販売。トータル台数を考えると恐ろしい台数。そんな理由で数多くの買い替えや買取で中古車が集まる。自社で売り自社で買い取るのだからクルマのレベルが解る。先日距離と程度と販売価格で考えるとAクラスの売り物を運転した。私が買いたいモードなら間違いなく買うディフェンダー300Tdiだ。まだ売れず有るかは解らない。


2006年式で距離166,000km。


正しい整備で維持管理されてきた。


エンジン音を聞いた瞬間に解る程度の良さ。


正しいベンチシート。全くのオリジナル。ボディの日焼けも無い。新車で買いそのまま12年経ちました状態。まっクリーブランドで買うお客には距離が伸びているのか。でも整備が最悪な5万キロより、整備が完璧な16万キロは買いなんです。タイミングが合えば私が試乗して語りますよ。このレベルの300Tdiはなかなか出会えない。機関レベルは先日購入した真狩村ライフのTdiと同等です。今月後半に東京に戻りますが、売れてなければ043号で紹介したい。それほどの300Tdiと私は断言致します。問い合わせはクリーブランド。興味のある方は現車を観て試乗すれば解ります。

12月15日16日は早川町オートキャンプ場に集まろう!!

12月15日16日に早川町オートキャンプ場でローレンジで走ろう会を開催(継続企画として行います)。久しぶりのキャンプ日和を行う。早川でキャンプをするのも久しぶり。キャンプ日和も耳が聞こえなくなり久しぶりの開催となる。キャンプ場にも当日貸切無しと確認済み。趣旨としては、縁あって購入したランドローバーなのだから、一度はローレンジを使ってみましょう。決して荒れたオフロードは走りません。次号042号でも書きますが飯島くんと何度も走りコースを決めました。ボディには傷一つ付きません。安心してください。座学も行います。最初は助手席に私か飯島くんが同乗します。安心してローレンジをお使いください。走りたくない方はノンビリ焚き火をしながらキャンプを楽しんでください。


ブログで数回告知します。私はすでにキャンプサイトを予約。次号でも告知ページがあります。予約は各自で行ってください。合言葉は木村の仲間でお願いします。問い合わせは、早川町オートキャンプ場で電話0556-20-5055までお願いします。土日が連絡付きますよ。忘れず私にもメールで参加の意思を伝えてね。当日着くように美味しいジンギスカンを北海道から手配します。お楽しみに。さて伊達からどうやってキャンプ道具を運ぶか問題だ。

雪秩父に雪発見。

理由は解らないが伊達に来て朝は4時過ぎに目が覚める。朝飯までが長くて。ちょっと小腹が空くくらいなのだ。食材の買い出しはリュックを背負って行く。近くのスーパーまでは近くは無い。これは年寄りには辛いな。特にこれから冬。寒くて足元は滑るし大変だ。自宅の近くにも老人は数多く住んでいる。皆さんどう対処しているのか。老人はネットで物は買えないし。都会のように生協のトラックが運んでいるようにも見えないし。近くにコンビニが有れば済ますのか。でもコンビニだって田舎は幹線道路に面しているので近くは無い。老人だって広いスーバーで自由に物選びをしたいだろうし。田舎にとって老人にとってクルマは生きていく大切な道具。免許返納も理解出来るが、返納後の足の確保を考えないと人間は生きていけない。そしてクルマが無い老人の対処方法を考えるのも行政の仕事だと思うのだが。伊達市役所さん周回バスを走らせてはどうですか。定年後は伊達に住もうもいいけれど、クルマが運転出来ない老人には辛い日々ですよ。こんな事では便利な都会に移り住むのも解ります。さて釣り企画の番外編の写真を紹介する。斎藤さんがスマホで私を撮ってくれました。


6時間も堤防に居たので斎藤さんに釣竿を借りてゲット。疑似餌に魚が食い付き食べる振動を体で感じる訓練を体感。まっこれも面白いな。しかし堤防だと撮影箇所が限定。やはり川がいいな。でも043号は1月発行だから無理か。まだ042号制作中なのに余計な心配だ。


自分の意思では当分行けないと悲しんでいた雪秩父。斎藤さんが連れて来てくれました。やはり個人的にナンバーワンの温泉だと再認識。


そして何と雪秩父の駐車場に雪が。受付のおばちゃんに聞くと数日前に積もったとか。11月初旬ですよ。さすがニセコの山です。標高が有ると寒いのです。因みに毎年11月下旬にはニセコのスキー場がオープン。北海道は冬に突入します。