依頼する側からのメリットとは。

秋ですね。寝起きは珈琲を飲みそれから玄関前で一服。東京での生活は寝るのが遅いので自然と目覚めが遅くなる。ゴットファーザー全シリーズを観終わったが、歴史に残る映画だなと改めて思った。最初のゴットファーザーは観ていたが、残り2本は観ていなかったと気付き、テレビ離れの思わぬ効果に感謝。さて新幹線では辛い思いをしたが、旭モータースで変わらぬ作業を観て、旧車ランドローバーの先行きに一安心。これからは販売より整備に力を入れたいと聞くと、旭モータースの考え方に同感する私なのだ。


旭モータースでは当たり前の状態であるが、鈑金塗装が同じ敷地にありスタッフが多いので可能となる。バラすことで細部まで色が入り細部の鈑金も見落としが減るのだ。


このような状態での鈑金塗装がルーチンと思えば苦では無いし当たり前。物事は買う側から考えれば我々買う側にメリットが多い。


シートもバラして新品クッションやカバーを装着。この一連の流れで組み上げていくのだ。付き合いもLRL誌だけでも7年。それ以前から彼らはランドローバーに特化していた。特に彼らはディフェンダー依存率が高い。メカニックは日々ディフェンダーに触れている。10名を超えるメカニックが相談し難儀なテーマを解決する。旧車ディフェンダーのノウハウのレベルは日々高まっている。旭モータースに私は期待している。