通常の時間に目が覚めた。

生活のリズムとはなかなか一定しない。やっと本来の時間に目が覚めた。ということはこの部屋に馴染めたのかな。朝の5時前後に起き珈琲を飲み煙草を吸う。ネットでニュースをチェックし気になる記事を読む。新聞では無くてネットニュースなのだから困ったことだ。今朝の記事で記憶に残ったのが、地方にある製本屋さんの話し。地方と言っても国立図書館を含め特殊な製本を生業としている。一冊から本にするというのだから技術が伴う。年々製本の仕事が減る。しかし特殊な技術を残さないと製本が出来ない。そこで考えたのが仕事の二毛作。製本の仕事が集中する時期を外し何が出来るか。農業であったのだ。それがニンニク栽培。5年間で本の販売数は1億冊の減少。製本屋さんは生き残るために農業を選択。社員の戸惑いのコメントも掲載。ちょっと考えてしまった私なのである。毎週1冊の単行本を買う私。意地でもスマホは買わないし電車内でも携帯を触らず本を読む。しかし確実に雑誌や書籍の販売数は年々減少している。新聞だって購読部数は減少続けている。活字中毒の私も10年前から新聞は購読していない。活字離れは止まらないって話しなのだ。さて破れた網戸の修復が完了した。


薬剤入り虫の嫌がる網。効果長持ち約3年。虫を殺さず遠ざける。薬剤と網目のダブルの効果。これらのキャッチコピーを読んで選んだ私。果たして効果は有るのだろうか。網戸の取り外しは部屋から簡単に出来たのに、取り付けに手間取り屋根に降りて取り付け完了。久しぶりに屋根を歩いた。屋根が壊れるのではと怖かった。しかし屋根は気持ち良かったな。子供の頃は屋根で寝た記憶がありましたって話し。