依頼する側からのメリットとは。

秋ですね。寝起きは珈琲を飲みそれから玄関前で一服。東京での生活は寝るのが遅いので自然と目覚めが遅くなる。ゴットファーザー全シリーズを観終わったが、歴史に残る映画だなと改めて思った。最初のゴットファーザーは観ていたが、残り2本は観ていなかったと気付き、テレビ離れの思わぬ効果に感謝。さて新幹線では辛い思いをしたが、旭モータースで変わらぬ作業を観て、旧車ランドローバーの先行きに一安心。これからは販売より整備に力を入れたいと聞くと、旭モータースの考え方に同感する私なのだ。


旭モータースでは当たり前の状態であるが、鈑金塗装が同じ敷地にありスタッフが多いので可能となる。バラすことで細部まで色が入り細部の鈑金も見落としが減るのだ。


このような状態での鈑金塗装がルーチンと思えば苦では無いし当たり前。物事は買う側から考えれば我々買う側にメリットが多い。


シートもバラして新品クッションやカバーを装着。この一連の流れで組み上げていくのだ。付き合いもLRL誌だけでも7年。それ以前から彼らはランドローバーに特化していた。特に彼らはディフェンダー依存率が高い。メカニックは日々ディフェンダーに触れている。10名を超えるメカニックが相談し難儀なテーマを解決する。旧車ディフェンダーのノウハウのレベルは日々高まっている。旭モータースに私は期待している。

 

新幹線の人身事故で大変です。

皆さんご安心ください。木村は生きております。いやはや昨日は大変でした。サンカーズの橋口くんに尾張一宮駅まで送ってもらい窓口で新幹線チケットを購入。名古屋駅新幹線ホームに辿り着くと、遠くで手を振っている人が。ランドローバー三島の宮澤くんです。暫く世間話をし握手をしてお別れ。さあ帰るかとのぞみに乗車。お決まりの読書時間。ページが進みます。しかし突然緊急停止。アナウンスで山陽新幹線の下りで人身事故だとか。停車したのが豊橋駅ホーム。のぞみなので通常は停まらない駅です。反対側にはひかりだかこだまが停車中。ドアオープンで人々は出入りしてます。


何も考えず撮ってしまう私なのです。記録なので。30分経っても動きません。アナウンスで復旧の見通しが読めないのでドアを開けます。人々はホームに降り始めます。私は面倒なので読書。1時間経っても動きません。素人なので解りませんが、事故は山陽新幹線の下り。私が座っている新幹線は東海道線の上り。なんで全て止まるのか。システムの問題ならアナウンスで説明すればいい。結果として動いたのは2時間後。当初は東京駅まで行き中央線でと考えていたが、金曜日の21時過ぎなので酔っ払いが嫌。酒臭いのも嫌。新横浜で降りて横浜線に変更。しかし満員電車で酒臭い。私は大きなリュックなので大迷惑。2時間しか寝ていない私は疲れでフラフラ。23時前に自宅に辿り着きました。そして目が覚めたら9時過ぎ。右膝は痛いし。これが都会の宿命かと納得した私でありました。

錆から回避したら猫の足跡が。

いいのか悪いのか。国立は猫が多い。国立と言うより私が住んでいる周辺なのか。近くの住人が好意で猫の去勢手術を行うため病院に運んでいるらしい。我々が越す前までは野良猫が住人だった。そんな関係で毎朝飯を食べにやって来る。朝はニャアーニャアー鳴いている。ドアを開けると部屋に入ろうとする。嫁の弟は全身ダニに食われた。ちょっと前まで嫁の家は無法地帯。お婆ちゃんは全く気にしない人。ダニ取りをどれだけ散布したことか。猫が破った障子の破れはやっと最近修復した。そんな関係でとにかく猫が多い。先日借りた駐車場も猫だらけ。クラシックのボンネットは猫の足跡だらけ。塗装云々より猫の足跡を観るとどうでもいいと思ってしまう。寒くなるとエンジンルームに猫が居ないか気になる。


オイル点検では無くて猫のチェックなんて洒落にならない。伊達の錆から回避したと思ったら猫問題となってしまった。錆より猫の足跡ならたいした問題では無いか。そう考えるしか方法は無い。乾かしたアイスホッケーの防具を駐車場まで運んだらボンネットの上で猫が寝ていた。嫁に話したら我が家に懐いてる猫の天敵らしい。人生一度も猫を飼うことが無かったので、未だに猫の対応が解らない。いや解らずでいい。私は犬好きなのだ。猫好きに言わせるとボンネットに猫の足跡は素敵なのか。再塗装しなくて良かったと思う私なのだ。

 

体と頭は使わなければ退化する。

テレビを観ない生活を続けて二週間。慣れれば可能なのだと理解した。伊達に居ると習慣で朝はニュースを観てしまう。普段からそんなにテレビは観ないがBSのNHKは好みが多い。伊達はBSが観れないし国立では部屋にテレビが無い。正確にはテレビは有るが受信出来無いのでDVD用鑑賞モニター。煙草と同じで何時でも吸えるから吸ってしまう。しかし部屋で吸え無いと我慢する。一服で外に出るのは面倒だ。自然と吸う回数が減る。今では一日10本。禁煙だと普通は考えるが止める気は全く無い。テレビも同じ。全く観無い理由は何も無い。しかし鑑賞時間を他に使える。これは意味が有ると自分で納得しているのだ。ロッキーを全作借りた。1本100円なのでお得感満載。シリーズ5本に驚いた。初回からファイナルまで続けて観ると作り手の気持ちが理解出来る。

昔は良かったなんて絶対言わ無い。しかし過去の作品を改めて今の自分が考える事には意味が有る。それが映画でも本でも構わ無い。便利な世の中なので図書館に行けば無料である。知識は無限に頭に入る。使わなければどんどん退化する。同じように体もだ。歩いて運動して使わなければ退化する。普通にしてて進化は有り得無い。体と頭のバランスを崩さず脂肪が捻出されれば面白いアイディアが浮かぶ。やっと私の体と頭はリフレッシュしてきた。人間バランスが重要なのだと改めて認識している私なのだ。さて外で一服するかな。

正しい深夜のスポーツ。

東伏見での二回目のアイスホッケー。着替えるのが面倒なので自宅で防具を装着し出掛ける。クルマで約30分。近い。でも運転は窮屈。伊達から苫小牧までだと1時間30分。これからの雪道は危険だ。伊達にはクルマが無いしどうするか。東伏見一回目はビジターでの参加。そして二回目に正式入会。後半はマッチ形式。3セットがフル回転。人数にして30人。そしてキーバーは今回3名。私の前に受付をしていた女性も正式入会。体験防具を借りていたようだが全て揃えるようだ。女性ですよ。深夜のスポーツアイスホッケーには移動のクルマも必要。22時15分スタートで23時45分終了。着替えが終わるのが24時過ぎ。電車では帰れません。深夜のアイスホッケーは防具とクルマが必要不可欠。


平日の深夜に30人以上が集まる。それも毎週ですよ。埼玉のアイスアリーナでは毎週木曜日に教室が。参加しませんかと言われたが片道1時間30分なのでさすがに躊躇。でも月に1回位ならと考えています。世間的には超マイナーなアイスホッケー。リンクにはどう観ても初めてのアイスホッケーって方が5名は居る。監督は元日本代表監督。コーチが数名。この指導は刺激的です。完全に私はハマってます。中高年もそれなりに多い。練習が終わり自宅到着は24時45分。それから飲むホッピーは美味いを超えてます。居酒屋で一杯なんて全く今は興味が有りません。もっともっとアイスホッケーがレベルアップしたい。私はセンターフォワードですが相手が外国人で身長190cm以上。フェイスオフでのパック取り合いでお互い燃えます。気合いだ。早く来週の火曜日が来ないかな。