自分を信じて突き進め。

久しぶりに昔印刷でお世話になった友人と会いお茶を飲んだ。ちょっと前なら夜に会い一杯。しかし今となっては夜外で酒を飲むなんて面倒でパス。わざわざ私と会うために国立まで来てくれた。友人は現在のポジションが部長。誰もが知る印刷会社。52歳で部長なのだから出世なのだろう。話の中で彼がアメ車のスポーツカーに乗りたいとか。私は人生一度乗りたいクルマに乗れと彼の背中を押す。彼もその気になる。クルマを利用するのは月に数度の接待ゴルフ。ベンツやBMWだらけの駐車場にアメ車のスポーツカーで行きたいとか。気持ちは十分理解出来る。たまに乗るクルマが燃費リッター3kmだって問題にはならない。普通のサラリーマンの愛車が大排気量のアメ車のスポーツカーだなんて素敵過ぎる。人それぞれ思考も価値観も違う。自分にとって何が必要なんだろう。我々はランドローバー好き。究極の一台を撮影した。これぞディフェンダーだなと考える一台である。


110ツーシーターの箱である。直球ストレート勝負。このクルマをどのように使うかセンスが問われる。普通に考えたら寝どこか。いやいや壁に棚を付けて釣り仕様か。夢は広がるのだ。


私が考えるディフェンダーとは、高級車でもファミリーカーでも無い。基本は働くクルマ。それが面白いと我々一般人が購入しているだけなのだ。働くクルマとしてはちょっと高額過ぎるが。


断熱材が無く夏は暑くて冬は寒いだろうな。しかし夢があるクルマなのだ。こんなクルマをランドローバー社は作り続けてきた。理由は必要な人が居るから。乗りたいクルマを所有する。我が道を進む。ブレない。これぞ価値観。考えるだけで楽しくなるのだ。このクルマの販売先はサンカーズ。ブレてないサンカーズに拍手を贈りたい。

まだディフェンダー新車は買えますよ。

国立市図書館が古本を一人10冊まで無料提供。妻がなんでもいいから10冊持ってこいと。なんでもいいと言われてもね。単行本の10冊は重い。そして私の習性として厚い本を選んでしまう。案の定リュックは相当な重量。古本なので湿度はそれなりに含んでいる。築45年の自宅の二階は時間の問題で本の重さで床が落ちる。私はそう考えている。捨てる本まで受け取っていたら問題です。妻が図書館で借りて面白かった本を私に読めと。返却日は何日だ。言われると私は必死に読む。自分が読みたくて買った本も有るのにな。さて世間は印刷物の販売が年々落ち込み出版業界は頭が痛いのが本音。世界でも本好きとして日本人は知られている。減ったとは言え本屋が街中に数多く存在しているのは日本ぐらいなのだ。サンカーズのショールームに行くとLML誌バックナンバーが全て置かれているスペースがある。有難い話である。LRM誌も置かれている。足を向けて寝れません。


実際に手にとり内容を確認して欲しい。作り手として本当に嬉しいスペースなのだ。またサンカーズのショールームには各種ディフェンダー新車が展示されている。新車在庫は限られている昨今。購入意欲がある方は現車を確認して欲しい。遠方から来る価値が十分ある。


ディフェンダーで埋め尽くされたショールームで英国の匂いを体内に吸い込んで欲しい。これで貴方もディフェンダーの虜になることだろう。決して購入して後悔するクルマではありません。何故って私は何百人の笑顔のオーナーに会っているからです。後悔する人生ほど辛いことはありません。

錆びさせない腐らせない。

伊達に居ると3時過ぎに目が覚める日もあると言うのに、昨日は夜中の12時過ぎにクルマを運転中。練習終了後は体が興奮しているので、すぐには寝ることは不可能となる。毎週火曜日の深夜の運転で気が付いたが、自転車で巡回しているお巡りさんが多い。パトカーも多い。ご苦労様と本気で思う。練習後は体が熱いので窓を全開で運転。考えると寒い深夜に窓全開は飲酒運転と勘違いされる。余計な手間は避けたいので窓を閉めなきゃなんて思い付く。さてランドローバーネタでも書きますか。旭モータースに行くと毎度の光景と出会う。フレームむき出しの状態だ。錆との戦いである旧車。日本は高温多湿なので雪国で無くても錆びやすい。ましてフレームの錆は命取り。英国では日本の法規とは違うので気軽にフレーム交換。しかし日本は簡単な事では済まされない。


国産車ならいざ知らず英国車ランドローバー。仮にフレームを英国から購入すると驚く価格となる。でも打刻と言う決まりが在るのでフレーム丸ごとはなかなか考えない。ではどうするか。錆びて腐った箇所の部分交換となる。


言うのは簡単だが面倒な作業となる。錆びて腐る箇所が多いと部分移植が多くなる。結果として歓迎すべき作業ではないが仕方ない。


要は錆びさせない。腐らせない。これらを念頭に旧車は考えるべき。クラシックを東京に運んだ最大の目的は錆び対策。海まで50メートルの場所に自宅がある。ローターはすぐに錆びる。ボディは潮風でいつもべたつき感がある。一週間に一度は洗車をしていた。しかし私が東京滞在中は潮風にさらされる。これでは錆びて腐るためにクラシックを伊達に持っていったことと同じ。フレームだけの問題では有りません。ランドローバーはアルミを多用しているから大丈夫と考えている貴方。ランドローバーは実は鉄だらけ。旧車の維持は錆び対策だという事を忘れずに。

 

MT車の運転は楽しいな。

寝起きに外で一服していると、通学中の小学低学年の女の子が「こんにちわ」。余りにも突然のリアクションに私は『おはよう」と言いたいのに「モグモグ」と言葉にならない。情けないやら悲しいやら。反応の鈍さに朝から落ち込んでいる。昨日は久しぶりに撮影で90トラックMTを運転。高速の渋滞18km。完全に体が固まった。クラッチの踏み過ぎで左足の運動に。直角ポジションで正しい運転姿勢。詳細は後日書くが撮影場所を教えてくれた彼らと記念撮影。


東京に居ると撮りたい絵が撮影可能。改めて東京での滞在時間変更を考えてしまった。夜に借りた90をクリーブランドに返却。社長と自宅が近いので送ってもらう。4WD好きの社長は限定車トヨタ70MTも所有。運転したがコストパフォーマンスの凄さにトヨタに敬礼。リッター5kmかもしれないがトルク感といい足回りの粘りといい凄いの一言。でも悲しいかなディフェンダーのフォルムには勝てない。意匠とは大切なのだと改めて感じた。朝から夜まで4WDMTを運転し心地よい疲れを楽しんだ私なのだ。

冬用タイヤは早めに交換を。

還暦を過ぎて我慢して吸う煙草の美味さに感動している。なんでもかんでも自由過ぎるのも駄目なんですね。ある程度の規制が人間には必要なのかもしれません。寝る前に吸いたかったけど我慢。目覚めに珈琲を飲んで玄関前で一服。美味い幸せ。最近は煙草の話が多い。軽いストレスなのでしょう。さて秋も徐々に深まりTシャツ&短パンともお別れ。あっという間に寒い冬が訪れます。サンカーズのショールームにお値打ちなパーツを発見。激安だったので紹介します。


タイヤ&ホイルセット販売。お解りのように冬用なのです。


ディフェンダーオーナーで検討中の方は必見です。冬用タイヤは幅広がお約束。これは安いですよ。送料は勿論別料金。受け取り可能ならラッキー価格。雪が降って慌てても遅い。冬用タイヤは11月に入ったら交換です(北国の話かな)。ちょっと早い位がちょうどいい。そんな習慣が必要です。私はクラシック用の冬タイヤ&ホイルセットを購入したのに、伊達に置いてあります。さてどうしようか。悩ましい。問い合わせはサンカーズの橋口さんまでお願いします。