活字中毒の何が悪い。

どうも最近は情報収集に疎くなっている。引退したはずの漫画家が現役復帰していた。その名は小林まこと氏。当時ハマった漫画である。Amazonで知り早々に購入。便利な時代だなと改めて思う。送料も必要ないし。これじゃ地元の本屋の営業は厳しくなる。地元の本屋が持てる冊数だって限界がある。レンタルDVDを常時借りているので、定期的に本はチェックしている。お目当ての本が見付かるとは限らない。


5巻目は10月発売らしい。早く読みたい。完全に格闘技モードになってしまった。デビュー当時の小林まこと氏のタッチと変わらないことに喜びが増す。それにしても大したものだ。確か同年代ですから。


この本を買うのが目的だった。増田俊也氏の本は全て読んでいる。完全に私にはストライクの書き手なのだ。そして増田氏が好きな理由は他にも有る。


ページ数の少ない本は買わない。厚い本が大好きなのだ。読み終えた時の達成感が好き。でも欠点は持ち歩きが辛い。とにかく重い。しかし電子書籍には移行しない。重くても書き手の思いを受け止めて読む。こんな事をしているので日々のリュックは大型。気分転換に三冊持ち歩く。これでは腰痛が治らない。