禁断症状が・・・。

私が辿り着いた珈琲はEXCELSIOR CAFFEのアメリカン。拘りが無いなんて言わないで。まだ自分いれる段階には辿り着いておりません。理想は自宅で飲めれば最高。しかし店で飲む一杯は何かが違う。国立駅側に有るので自宅に居る時は歩いて1日一杯は飲みに行く。もう完全にバカなのか狂っているのか尋常では無い行動。理想は1日3杯。朝昼夕方であろうか。伊達いや北海道にはEXCELSIOR CAFFEの店舗は存在しない。しかしグループ会社のドトールは何故か伊達に有る。北海道七不思議の一つである。しかしドトールのアメリカンでは私は納得しない。ならばファミリーマートのドリップコーヒーで十分と考える。でも以前書いたように十分な在庫を持たない店舗。週に3パックしか入荷しないのだ。取り置き3個をお願いしたことが有るが、他のお客に失礼と考え大人買いは止めた。買えない時はドトールでドリップコーヒーを買う。でも納得出来ない私なのだ。国立を離れる際にEXCELSIOR CAFFEでマグカップを購入。オリジナルカップで飲めば慰めになると考えた。


しかし誰が考えても無理な話しなのだ。完全に禁断症状が始まった。飲みたい。飲みたい。夢にまで出てしまった。温かな一口目を目を閉じて飲む。全身に珈琲が染み込む感じ。解るかな。あ〜限界だ。ふと考える。私が東京に戻るのは家族に会うためではないな。そうか大好きな珈琲を飲むためだったのか。怖くて家族には言えない。家族は誰もブログを読んでいないので助かります。珈琲豆を買い自分でいれる日は来るのだろうか。でもEXCELSIOR CAFFEのアメリカンは美味しい。