ウルフは趣味人が所有すべきクルマ。

なんで田舎に住むと歩かないのか。東京に戻り毎日歩いている。田舎で歩くといえば早朝か夕方に老人が健康のために歩くくらい。都会は駅から自宅まで歩くし買い物も歩いて行く。電車の乗り継ぎでも駅構内を歩く。確かに都会はクルマの所有率が低い。田舎はコンビニにもクルマで行く。公共交通機関が無いに等しいので大人一人に一台所有。都会はクルマが無くても生きていける。なんて考えながら買い物で駅まで往復歩いた。クルマ雑誌を作っているが歩かないと不健康になるので歩くのだ。健康を考えると東京に住むのがベストかもしれないな。さて暫く讃岐旅行の話題が続いたがそろそろランドローバーの話題に話しを戻すとするか。あっそうだ英国大使館の友達が9月に日本に戻って来るので、暫くお休みしていた英国製品紹介ページを復活します。ちょっと英国を語りますよ。大使館にもお邪魔しますよ。お楽しみに。


私が過去に数多く紹介したウルフですが、ナンバーワンの程度の良さが今回紹介するウルフ。ダントツのレベルです。勿論売り物です。購入しても長期間所有しないウルフ。普段使いは無理が有るのか。このクルマ一は趣味のクルマ。そう考えないと無理です。仮に私が所有すると考えても理想のクルマとしては無理がある。理由は荷物が沢山積めない。しかし趣味のクルマと考えるとミリタリー好きにはヨダレが出ます。実際に英国軍が使っていた本物なのですから。そして300Tdiでミリタリースペック。間違い有りません。


このクルマで英国大使館に行ったら革命かと思われます。そんな事は私には出来ません。インパネもミリタリースペックなので雰囲気が違います。


ウルフは無線車を輸入するのが王道です。無線車以外は本気で汚いので日本人には無理です。この室内は美しい。なかなかこのレベルのウルフ有りません。でも普段使いには不便。だから趣味人に買って頂きたい。原寸大のプレミアムカーなのです。冷やかしはダメです。本気で興味がある方はサンカーズの橋口さんに連絡してください。クーラーは後付けで付いてますので熱中症は回避できますよ。でもハードトップなのでご理解くださいね。