荷物部屋が私の部屋に。

北海道の山に雪が積もったとか。何か摩訶不思議な天候である。このまま秋に向かうとは思え無いし。まだ8月中旬だしな。東京の猛暑を耐えているが、必死に自宅の荷物部屋を片付け私が寝れるスペースを確保。地元の環境センターに粗大ゴミを運ぶ。築40年以上経っている家だが、この荷物部屋に誰も寝た人はいないらしい。床にノミ除去の薬を撒きファブリーズを噴射。網戸は破れているし大変な部屋なのだ。荷物部屋は四畳半。お婆ちゃんの嫁入り道具の箪笥は捨てられないし。昨日初めて人間である私が寝た。壁にひび割れが数カ所。大丈夫だろうかこの部屋は。やっと私のスペースは確保出来たので、これで東京の滞在時間は増える。網戸の破れを修復しないとな。自宅スペースのクルマ置き場らしい場所は長さ330cm。このスペースに収まるランドローバーはと考えるがあるわけが無いのだ。立て掛けて停めるしか方法は無い。もしくはクラシックを切るしか無い。自宅周りは完全なる住宅街。月極駐車場は皆無。駐車場代を10年払うとクラシックミニが買えると思うとバカらしいし。


そうそうクラシックは未だ復活しておりません。最近は考えないようにしてますが今月24日がアイスホッケー練習日。23日伊達に戻りますがどうするか。人生いろいろ悩みもいろいろ。今日は七福神巡りなので神頼みでもしてきます。でも突然直るなんて事は有りません。頼むよクラシックくん動いてくれ。