北海道は住みやすい環境ですよ。

伊達からクルマで20分走る。するとこんなロケーションが有る。斎藤さんに誘われて釣りです。


北海道って凄い。釣り好きには天国なのだろうな。でも人は誰も居ません。釣り好きはそれぞれのお好みのポイントが有るのだろう。


上流には斎藤が。今日はフライフィッシング。こんな場所に来ると周りの気配を気にする。居ないと解っていても熊だけは要注意なのだ。


釣り師としては意地でも釣りたい。でも不思議と魚の気配が無い。


昔々ロンドンで購入したハーディセット。久しぶりに釣りをしてみるか。そろそろ東京が恋しい。家族に会いたい。東京に戻ると田舎が恋しくなる。人間なんて身勝手な生き物だ。いや私が身勝手なのだろう。バランス良く生きるとは大変だ。台風が近付いている。皆さん注意してくださいね。

安くて程度の良い中古車は無い。

中古車の評価は難しい。しかし私は良い素材はいいと書く。でも悪い素材は悪いと書かずに具体的に触れない。本当は悪いと書くべきなのだがまだ書けない。書く事が正しいのは理解しているが大人の対応をしてしまう。理想は広告無しのLRL誌だが発行が自力では不可能なのだ。ただ新車ばかり紹介してもつまらない。色々なレベルのクルマを比較するから面白いし参考になる。特に興味が有るのが中古車。使えるクルマは乗り続けたいと考える。中古車は整備次第で良くも悪くもなる。愛情が注がれたクルマは輝く。しかしその逆は悲惨な状態となる。クルマは現車を観て触れて感じて欲しい。真逆の買い方も最近は多くなっているようだが、ならば文句は言わない事だ。言う責任は無いと考える。何が正しくて何が間違っているのか。なかなか判断は難しい。判断が出来ない場合は中古車を買わないか新車を買うかだ。予算の関係で新車が買えなければ、解っている人に聞くか信頼出来るショップか見極める事だ。それも無理なら最後に私に聞いて欲しい。答えられる範囲でお答えしよう。いやそれではLRL誌が売れないのでLRL誌を買って読むことだ。


売る側は自信が有ると色々と観せてくれる。自信が無いと言わないと観せない。最近は仕上げる前のクルマは観て契約。これは素人との判断が難しい。何を整備したのか解らない。信頼関係しか頼る術が無い。専門店の看板を出していてもそれぞれのレベルが違う。仕上がった中古車は数が少ない。迷って判断が出来無い場合は、多少高くても仕上がった現車を買うことだ。そして試乗し納得して買うことだ。安い買い物では無い。買うときは一生乗り続けると思い踏み切る。安くて程度の良いクルマは存在しない。高くて程度の良いクルマは有る。そして高くて程度の悪いクルマが有る事も忘れるな。

 

LRL100号目指して思うこと。

昨日の伊達は暑かった。多分30度近くあったのであろう。お袋は窓を開ける習慣が無い。なので私が窓を開けろと叫ぶ。風通しを考えないと。木村家にはエアコンは無い。多分木村家の周りの家にもエアコンは無い。年寄りは何故か窓を開けない。空気が澱む。室内温度も上がる。いい事は何も無い。猛暑では無いが北海道にも暑さが押し寄せたのだ。クラシックが完治しない。乗れないと困りはしないが寂しい。私が素人意見を言うのは失礼なので工場には行ってない。しかし気にはなる。室蘭の住職から借りているクルマも有るしな。


年明けに62歳になる。ランドローバー人生の終焉を72歳と決めている。そうLRL100号でと決めている。年々印刷物の発行は難しくなる。LRLも当初スタート号よりページは減った。続けるうえで4色ページが1ページに変わったり、紙の厚さが薄くなったり、またページが減ったりするかもしれない。しかし私はLRL100号を目指す。何があろうと印刷物で編集者人生を終えたい。毎月私が知っている雑誌が終わっていく。出版社が消えていく。そんな時代だと認識していても印刷物に拘りたい。インクの香りを確認したい。紙の手触りを確認したい。時代遅れと言われてもいい。印刷物で編集者人生を完結するぞ。040号を発送し改めて誓う私なのだ。100号まで60冊。10年掛かります。折り返し地点まで10冊か。頑張るぞ!!

映画の無い人生は考えられない。

世界各国で映画は年間何本制作されるのか。日本でさえ物凄い本数。それが世界となると想像が出来ない。でも作ると言うことは需要と供給の関係が成立するのか。いやいやただ作ればいい訳では無い。お金を掛ければ売れる映画となるか。いやいや違います。俳優次第で売れるか。そんな時代は終わってます。感動させるか面白いか。そうです映画は娯楽です。食べず嫌いなのかほぼ観ない、いや全く観ないフランス映画。しかし魔がさしたのかフランス映画を借りてしまった。


これが面白かった。もう一度観たいと思った。映画は字幕以外は拒否。俳優の生声を聞きたい。どうもフランス語は耳障りが悪いのだ。この映画は内容が面白い。企画も面白い。全て面白い。当たりの映画に出会うと幸せな気分。今回の伊達滞在で15本観た。昨日も5本借りたし。最近は映画館でも観るように努力しているし。でも観て良かったと思う映画は実は少ない。でも観なければ結果は解らない。1本でも素敵な映画と出会いたいから観続ける。映画鑑賞の旅は永遠と続きます。

040号発送します。

今日は朝から快晴です。室内温度が23度。勿論エアコンは有りません。窓から涼しい風が入り込みます。ゴメンなさいココは北海道。猛暑ではありません。でも冬は極寒なので許してね。さて040号がもう届いた。最近は早めに到着します。習慣で朝にブログをアップして気が付いた。今日は納品日だったのだ。という事で本日二度目のブログアップとなります。金欠になったら有料ブログにして1日2回アップ。どうでしょうか。死ぬまで書き続けます毎日。


これから87歳の老婆が袋詰め。ボケ防止としての運動です。勿論時間は掛かります。8月2日には猛暑の東京に戻るので1日までに注文お願いします。今回から郵便局の都合で窓口持込。民営化なのにどんどんサービスが低下しております。大好きな郵便局なのに浮気してしまいそう。本は重いので運ぶのが大変なんです。そうだ呉市の姫野氏から電話が入りました。自宅も130&90も大丈夫だとか。良かった良かった。