当たり前過ぎて見落とすことがあるな。

仕事部屋の暖房は灯油ストーブ。それもレトロ。何年使っているかは解らないが使えるから使い続けている。灯油が無くなると先日壁が壊れた物置まで給油に行く。リビングには灯油ストーブが有るが、北国で目にする外置きのタンクから繋がっている。定期的に補給を行っているがどれほどの量が入るかは解らない。物置までの給油が面倒だし寒い。玄関に灯油を置けばと考えるが臭いし危険なのかお袋は置かない。我が家のルールなのだと理解し従っている。そんな日々を過ごしている私なのだが、昼飯はコンビニで購入し適当に済ます。ドリップコーヒーはファミリーマートなのだが、それ以外はブレずにセイコーマート。最近食べて無いなと考え久しぶりに食した。


久しぶりに食べたが美味い。あれだけ盛り上がったカツ丼だが、すぐに買えるとなると手が出ない。不思議なものだ。道民が理解出来ない理由が解ってきた。人間は当たり前過ぎると気が付かないのだ。当たり前過ぎて地元人が気にならない風景に私が気になっている。それは室蘭のプラント風景。そして煙突から火が出ているのだ。最近は夜のプラントを観るツアーも開催されているらしい。私はプラントに興味は無いが火が気になり現場に近付いた。


これ以上は近づけない場所に来た。解るかな火柱が。肉眼で観ると危ないくらいの火柱なのだ。でも室蘭の人は当たり前の景色として過ごしている。このプラントが出来る前は海水浴場だったと斎藤さんから聞いた。室蘭からプラントの火や工場が消えようとしている。時代の流れだけでは済まされない。雇用が失われるのだから。各企業に言いたい。ビジネスなのだから理解はする。でも元の姿に戻して離れなさい。昔の砂浜の海水浴場に戻すのが使命と私は考えます。

まだ寒いぞ北海道。

室蘭の印刷屋さんに表紙データを渡す帰りにゴルフ練習場に行ってきた。室蘭は氷点下でまだ寒い。ゴルフ練習場に行くのは記憶に無いくらい久しぶり。システムが解らないので受付で聞く。ガラガラかと思ったら平日なのにほぼ満員。黒っぽい服装のオジさん達だらけ。オジさん達の社交場と化しているのだ。さすが北海道だなと感じたのは数多くの暖房機が通路に並ぶ。そこにお馴染みさん達が集まり話し込む。ゴルフ場オープン間近でテンションが上昇しているのだろう。私はと言うと入念な準備運動をし一球入魂でPで50球。初日はこんな感じでいい。とにかく寒くて手が痛いのだ。慣れてないので北海道のゴルフ練習場に相応しい服装とは程遠いのだ。さて斎藤さんとの釣り企画第二弾に行ってきた。寒いなんてレベルを超えて氷結状態。関東から西に住んでいる方には想像出来ないか。北海道はまだ冬なのです。


こんな感じなんです。こんな場所にカメラを抱えて佇む私を想像してください。変な人です。そしてこんな時期に釣りをしている人も多少は居ます。皆変人です。川での釣りスタートは6月から。そのタイミングに合わせれば良かったか。いやいや極寒を経て穏やかな6月を体感したい。


普通に鹿が歩いてます。カメラ撮影を試みますが望遠レンズが無いので撮れない。さすがに目の前には居ません。何度悔しい思いをしたことか。


でも斎藤さんは楽しそうに鼻水を出しながら竿を振ってました。釣り好きの気持ちは釣り好きじゃないと解らない。奥が深いのです。少しづつ大自然に触れ始めた私なのであります。

晩年の趣味探しは真剣です。アイスホッケー&ゴルフで決まりかな。

何で苫小牧のアイスホッケー好きは春から秋に掛けてプレーをしないか気になって、苫小牧のアイスホッケー防具専門店に聞きに行って来た。私も変わり者ですから。気になる事は確かめたい性格なので。納得しました。プレーを全くしないわけではありません。ただ雪解けの春から冬前の秋に掛けてはアウトドアスポーツがメイン。長い冬が終わり解放されるのでしょう。北海道は半年は寒い。なので室内スポーツを楽しむ。残りの半年は屋外スポーツを楽しむ。地域性なのです。ただ都会の札幌では通年でアイスホッケーを楽しむ人達が居るので、苫小牧の好き者は飛び込みで練習に参加する人も居るとか。苫小牧から札幌は通える距離。伊達から札幌は危険だと諭されました。北海道でもアイスホッケーは深夜のスポーツ。深夜に練習が終わり長距離運転は危険だと。確かに。苫小牧で通年でプレー出来るか知り合いに聞いてくれると優しい言葉。首を長くして連絡待ちになりました。久しぶりにアイスホッケー最新防具に触れ気分は中学生。45年前にタイムスリップした私なのでありました。さて釣り企画で支笏湖に行く途中に立ち寄った場所があります。


知る人ぞ知るきのこ王国。頂き物を東京で食べて美味しかった。これは行くしかない。家族に届けようと考えました。豆腐と合わせると絶品です。


試食してこの味を選びました。どれも絶品です。味が濃いので私は食べません。種類が多過ぎて驚きです。買ったのに斎藤さんのクルマに置き忘れ。今日受け取りに職場に行って来ます。何をやっているのか。目が覚めたら起きる私は今朝は3時起床。ちょっと早過ぎです。

 

スポーツに目覚めようとしています。

昨日伊達の一般道から外れた田舎道を走っていたら、ジョギング中の人が手を振った。停車して顔を確認すると岡田くん。こんなに広い北海道のそれも田舎道で出会うとは。岡田くんとは縁を感じます。一生付いて行きます岡田く〜ん。介護よろし〜く。なんてね。さてベースを北海道に移し苫小牧出身の私は、昔の友達にアイスホッケーをやりたいと連絡。体力が無いので初心者コースを依頼。皆社会人チームでつい最近までガンガンプレーしていた現役ばかり。皆に言われるのは北海道は4月から10月まではオフシーズン。えっそんな。東京では通年で練習しているのに。やる気満々なのに私は。室蘭のチームを紹介するから我慢しろと。運動がしたいのに。でどうするか。今更ジョギングは嫌だし。この体型ですが高校時代は全校生徒で一番長距離が速かった。これでも陸上部ですから。そこで考えた。一人でもプレー出来るスポーツ。伊達の周りに数多く施設が有る。アイスホッケーシーズンと逆のスポーツ。


8年位クラブを振ってませんがゴルフをやります。練習場で打ち込みスタート。北海道は早朝と夕方は3000円位で18コースを回れます。とにかく安い。自宅からクルマで30分以内に数多くのゴルフ場があります。一人ではコースに出るのが無理かもしれないので、室蘭の住職にゴルフ好きを紹介して頼んだら、伊達のゴルフ好き住職を紹介してもらうことになりました。よしこれで準備OKだ。あとは打ち込みでゴルフの体を作るしかない。でもこれから原稿書き。そして外は寒い。伊達のゴルフ場オープンは3月17日から。温暖な伊達なので北海道で一番早くゴルフコースが営業開始なのです。因みにゴルフ練習場の料金を調べたら1000円で打ち放題。もしかして北海道はゴルフの環境が整った場所かも。今年は真っ黒に日焼けするぞと誓った私なのです。今日はこれから斎藤さんと釣り企画。寒いから防寒ですよ言われてます。春よ早く来い。

猫好きで無くても観る価値ありますよ。

お気に入りの北の湖記念館隣の日帰り温泉にお袋を連れて行く。時計を観ながら何時まで入ると聞くと1時間30分。それは長い。1時間にしてくれ。年寄りの長風呂は危険である。私は風呂好きだが1時間30分は限界を超えるのだ。さて例によってすぐにレンタルビデオ店に行く。面白い映画に出会ったので紹介する。


猫好きでは無いが最近猫に絡んでいたので観てしまった。まっイギリスが舞台だと観てしまうのだ。この映画は実際に有った話である。制作スタッフの苦労が伝わる映画だ。動物絡みは特に大変だ。しかし猫ってそうなのかなと考えてしまった。こんなに意思の疎通が出来るのならと猫に興味を少し持ったのだ。猫好き問わず観て欲しい映画である。