澤地自動ディフェンダー新車販売スタート。

小田原の澤地自動車さんがディフェンダー新車販売スタートいたします。試乗車となる2012年モデル2.2TDCIが納車。明日さっそく登録します。試乗車を用意いたしましたので、実際に触って運転して2.2TDCIを体感してください。フジホワイトのXSモデル。平島メカニックと澤地社長も興味津々です。なかなか試乗車を用意しているショップはありません。2.4TDCIはあっても2.2TDCIはまだないと思いますよ。私が在籍している時は質問に答えますが、なかなか私は小田原にいませんのでご注意を。澤地自動車に電話して確認してくださいね。どうしても私と試乗したい方は必ず連絡お願いいたします。調整して小田原に来るよう頑張りますので。私も嬉しいです。澤地自動車さんが新車販売に復活してくれて。ランドローバーDラー看板を下ろして数年ぶりですから。よかったよかった。皆さん小田原に遊びに来てくださいね。私も新車の感想をどんどんアップしますからお楽しみに。

サイドカメラの取り付け場所が、ミラーの後ろというのは珍しい。通常はアームの下かミラーの下に取り付ける。そしてカメラが小さい。職人の拘りかな。



配線はアームの中を通している。



この中に配線を入れている。配線を見せない職人の意思を感じる。取り付け人によってセンスが伺える。色々な機器を取り付けていくと、めちゃくちゃな配線になったりする。できることなら同じ人に任せると奇麗に治まり安全だ。



この小さなモニターでカメラ画像を確認する。確認なのでこの大きさでも問題は無いかも。ちなみにこのクルマにはバックカメラも装着し、このモニターで確認する。これだけシンプルに装着した職人に拍手を贈りたい。素人が手を出すと危険な電気関係。大きなトラブルの元となる。取り付けは極力プロに頼んで安全に。近々にこの手の企画も有りだなと考えさせられた。さて今日はこれから鎌倉七福神。集合場所の北鎌倉にいざ出陣であります。祈るは天気であります。ご利益がありますようにと祈る私でありました。鎌倉は人との戦い、迷子者がでないように歩きます。

ディフェンダーの魅力は。

過去いろいろなディフェンダーを所有してきた。90Tdi、110V8、90V8、110Td5・・・。よく考えると90が、TdiMTとV8ATとV8MTオープンとV8MTだったかな。90だけで4台乗った。何で次から次と色々なランドローバーに乗り換えたかって。理由は簡単です。雑誌プロデューサーとして全てのランドローバーに乗らなければ、ランドローバー乗りの気持ちは理解できないと当時は考えてました。ランドローバー乗りって車種によって若干スタンスが違いますから。でも正直に言うと乗り換えって本来は好きではありません。好きなクルマを持ち続けたほうが金銭的にも精神的にも楽ですからね。編集者の性なんでしょうが、いろんな物に興味があるんです。この興味が無くなったり薄れてきたときが、この商売から引退するか商売を変えるべきです。現在の私はまだまだ全てに興味津々ですから、まだこの商売に向いているのでしょう。

カメラマンとコレ何だとかコレは面白いとか、こう撮ったらいいよねとか言っていることが楽しい。この気持ちが無くなったら読者に我々の思いは伝わりません。また仕事で雑誌を制作しても伝わりません。プロですからカタチにはできます。でも好きか義務かは読者に解ってしまいす。今回の撮影車輌はディフェンダー90が二台。好き過ぎて持ち帰ろうという気持ちを押さえてました正直。久しぶりの運転で興奮している55歳のオヤジって変ですかね。

 

怪しいディフェンダーです。

もうすぐ5月ですよね。今日は寒かった。こんな日ですが半袖にベスト。雨は降ってくるし寒いし。怪しいクルマ2台で撮影場所に向かいます。なぜか自衛隊車輌が沢山走ってます。あちらの方はこちらのクルマを撮影しております。興味があるのですね。

これが走っていれば、あちらも興味津々ですね。本物は違います。300Tdiは久しぶりの運転です。楽しいというより回りの目が痛すぎて困りました。警察の前を通るときは視線が熱かった。詳細は明日アップしますので。さて飯にいたします。

これは気になる。

色々思案して小田原の事務所までの通勤は電車と決めた。クルマでの通勤だと往復7,000円。これはメイン高速を使わない料金。電車でも往復4,000円かかる。この料金のなかには飯代も含まれる。なので毎日は小田原には行かない。理想はランドローバー通勤で色々な出来事をレポートすること。でも経済的というか資金的というか無理は無理。もっと自宅の近場にすればという声もあるが、印刷や郵便や稲妻屋さん、そしてメカニック平島先生とのランド談義を考えると今は動けない。そんな私が小田原駅に着くと、まずはここで一服して小田原人に変身する。小田原には日本たばこ産業の工場があった理由か、街中に灰皿が目につくのだ。ポイ捨ては喫煙者の恥、マナーは守りましょう。

そして気になる抜け道。真っすぐ進むと一般道。右に行くとマツダのディーラー、敷地を抜け一般道。80%の人はディーラー側に進む。私は無理です。ディーラーの敷地ですよ。

しかし敷地内にはこのようなラインがある。ここを歩けということですかね。でも私は無理です。

小田原駅から事務所までは歩いて20分。が小田原は歩くのに適した道路が少ない。城下町という理由からか道路が狭く歩道が少ない。お年寄りや子供が暮らすには・・・疑問が。ただそれ以外は魅力的な街なので良しとしようかな。歩くことに興味津々の私なので、毎日履いている靴はトレッキングブーツ。重たいリュックを背負っているので靴は重要です。しかし購入時に気がつかず気になっていました。

解りますか。左右の紐の長さが違うのです。何でと叫んでしまいました。購入したショップに行けばいいのでしょうが、理由があったらどうしようと悩んでいました。これって理由があるのでしょうか。でも気になる箇所なので昨日350円支払って紐を購入。

この左右同じ長さで落ち着きました。紐は左右同じがいい。昔から靴紐を変えるのが大好き。今回も色違いで予備用購入。こんなことやっているから、どんどん荷物が増えます。日々の気になる出来事でありました。