ランドローバーで遊ぶ。

泥が好きだ、泥は大嫌いだ。色々な意見がある読者であるが、皆ランドローバーが大好きということに変わりは無い。しばらし泥遊びを封印していた私であるが、伸びる足を見ていたら熱い血が騒ぎ始めた。もともと嫌いではなくどちらかというと好きな人種。しかし偏った誌面はもう制作はしない。皆が楽しめる誌面を目指すと決めた。一つ譲れないことは直しながら乗り続けるランドローバーライフ。なのでイボーグの記事はしばらくは取り上げない。レンジローバーの4代目が出ても他誌に任せる。それよりセカンドレンジやクラシックレンジ、フリーランダー1やディスコ0を乗り続けるために真剣に考えたい。ディフェンダーをレストアすると聞けば、飛んで行って取材をしたい。いま取材先のホテルの部屋でブログを書いているが、昨夜はランド乗り数名と楽しい飲み会。日本全国のランド乗りと毎夜ランド談義ができたら幸せだろうなと、昨夜の余韻を楽しんでいる私であります。今日もどこかでランドローバーを見て、ニヤニヤしているオヤジは間違い無くKIMURAです。

表紙の撮影です。

水のなかでカメラを構えている長谷川カメラマン。彼は何を撮っているのか。鳥か魚かそれとも? 4月であるが水はまだ冷たい。LRL誌3号表紙は改めて気合いを入れた。毎号気合いは入っているが、今回も凄みがある絵が撮れたと確信している。早く見せろと言う声が聞こえてくるが、しばし我慢をお願いしたい。表紙が納得した絵が撮れれば、流れるように編集ページは進行する。さあ取材がスタートします。今週末は久しぶりの早川キャンプ。懐かしい仲間に会えるのが楽しみです。たしか2010年秋マガジンショウ以来。あの頃は一人苦しんでおりました。懐かしいというより、ちょっと複雑な気分であります。早川の温泉に入り腰痛治療に専念してまいります。参加の皆さんヨロシクお願いいたします。食べ物飲み物は気を使っていただければ、喜んで食べて飲みますので。

 

小田原散策です。

陽気が良いのでクラシックでドライブに行ってきました。まだ桜は観賞できます。久野地区を走ります。土器が見つかった場所なので住むには最高なのでしょう。標高もあり小田原のなかでも特別な場所です。駅から歩くと30分から40分かかります。

小田原でお勧めな場所は一夜城跡です。回りはみかん畑ばかりで調整区域。住宅は建てられません。しかし最近あるパテシエのショップがオープン。不思議です。隣は行政が作った駐車場があります。

住んでないから良いのでしょう。観光目的だと調整区域でも建てられるのですね。でもとても不便な場所なので世のおば樣方が来るには大変でしょうね。小田原を一望できるこの場所はお勧めです。クルマで来ることが条件。バスが来ているかは解りません。歩くと早川駅から何分かな?

天気が良いとこんな景色がご覧になれます。ちょっとガスってますが。

そして海が近い南町の桜並木は必見です。小田原の高級住宅地です。今週末だとまだ大丈夫。小田原城の桜も奇麗です。品川駅から新幹線で30分。在来線でも70分。クルマで来ると駐車場探しで苦労しますのでご注意を。夕方1時間のドライブでありました。

腰痛です。

最近は歩いてばかり。先日も七福神のロケハンで28キロ歩いた。多分腰痛の原因は毎日背負っているリュックの重さが原因と分析。この写真のリュックより大きいのを背負っている。中身が重いのです。MacBookPro15インチ、デジカメ2台、本1冊、録音機材一式、筆記用具セット、ノート3冊、傘、レインウェア上下、携帯2個、コットン100%おしぼり30本、帽子、手袋等々。約15kgはあると想像する。これをほぼ毎日背負い通勤しているのだ小田原まで。編集部は小田原駅から徒歩20分。そしてトドメが、

このウインチを持ち上げて移動してしまった。写真セットを全て一度に。この土日は自宅にこもり読書三昧。さすがに昨日は我慢できず整体に行ってきた。整体師曰く体が固すぎです、ストレッチとかして体を柔らかくしてください。ストレッチ?一人で?火曜日から本格的に次号取材がスタート。早く腰痛を直さないと焦っております。健康のためにと歩いていたら腰痛。55歳という難しい年齢になり色々考える私であります。

 

Ark Cafeに行ってきました。

今回、協賛広告でお世話になったArk Cafeさんにアポ無しで行ってきました。オーナーはセカンドレンジ乗り。ミッドランドさんで二回ほどお話しをしただけ。場所は千葉県市川市の洒落た建物にありました。駐車場完備です。

1階2階とあり個室まである大型店で驚きました。思わず個室を編集室になんて聞いてしまいました。ランド乗りのミーティング場所として最適です。ランド談義にいかがですか。

奥様手作りケーキがお目当ての常連客が多いとか。勿論、旦那様ご自慢のコーヒーも絶品だということはミッドランドの野崎さんから聞いてました。しかし私はコーヒー嫌い。がお邪魔するとミルクティ&スコーンが。スコーン評論家としてはタマリマせん。普段は出さないクロテットクリームもお皿にあります。さすがケーキご自慢のお店、スコーン美味しかったです。愛情たっぷりな素朴な味です。スコーンを割りジャムとクリームを乗せ、ゆっくりと味わいながら食します。美味しゅうございました。また寄らせていただきます(住所は50ページ参照)。クロテットクリームとジャムはセットが喜ばれると思います。クリームはOKです。ジャムは濃厚なほうがスコーンに合います。すいません評論家なので意見いいました。