北海道はお盆が終わると秋が近付きます。

世間はまだ夏休み。飛行場は羽田も千歳も人で溢れている。千歳行き飛行機は満席。千歳空港には斎藤さんがお出迎え。いつもお世話になってます。斎藤さんが暑い暑いと言ってます。東京で暑さの免疫が出来たのか私は涼しく感じます。人間って対応力が高いのですね。私が不在の間に仕事部屋の網戸が修復させていた。岡田くんが直してくれたとお袋から聞きました。感謝感激です。これで窓を開けても虫が入りません。岡田くんは出張中とお袋から情報入手。伊達に戻ったら飯でも食おうとメール連絡。ランドローバー繋がりで私は北海道でも生きられます。


伊達の海岸にクルマが数多く停まってます。釣り好きの斎藤さんが寄りましょうと一言。鮭釣りのシーズンだとか。川に上る鮭を狙うのです。30人位は居ましたね。この釣りが始まると北海道は秋が目の前。お盆が過ぎると北海道は夏が終わります。これから長い冬が始まります。暑い暑いと言っているとすぐに寒いねと挨拶が変わります。


台風が近付いているのに、こんな綺麗な写真が撮れました。あ〜北海道に帰ってきたな。今度の土日に釣り企画を考えたら北海道は大雨予報。雨風で大変でしょうが皆様ランドローバーでの偵察は控えましょう。被害が無い事を祈るしかありません。自然には逆らえません。

早川でオフロード走行の楽しさを思い出す。

早川に行ってきた。何年ぶりか記憶に無い。飯島くんからキャンプ場のオフロードコース観て欲しいとの依頼。河川にリニュアルされて完成したとか。早川のキャンプ場はスタート時から何度通ったことか。記憶に無いほどに行っている。以前の管理人の頃は通ったな。しかし今の管理人の吾郎ちゃんになって初めてかな。吾郎ちゃんはアダ名なのでご理解ください。しかし暑かった。ほぼサウナ風呂状態。オフロードコースを歩き撮影。熱中症の手前まで。これほど汗を出したのは何年ぶりだろうか。


吾郎ちゃんの愛車と看板です。


この日差しが早川なのです。


管理棟と青空。気持ちいいけど暑かった。


オフロードコースは皆が楽しめるコースに変更。頭を使えば如何様にも対応出来ますね。


ノーマル車も楽しめるコースです。こんな場所だってノーマル車で走れます。本当です。


バリエーション豊かで全長も長い。これならオフロード渋滞も起こらない。私は早川でオフロードの楽しさに気付いたのかもしれない。ランドローバーはオフロードを楽しめるクルマです。ランドローバーの前の4WDは40から60のMT車。ランドローバーを所有したらオフロードを走るのが念願だった。オフロードを走りランドローバーの走破性に驚いた。英国が好きでランドローバーに辿り着いたのも間違いでは無い。最近はオフロードを楽しんで無いな。オフロードはクルマを壊すために走るのでは無い。絶対にクルマにダメージを与えてはダメと考える。早川のオフロードコースは理想のコースに仕上がっていた。10月13日14日の土日は比較的サイトの空きが有ると吾郎ちゃんが話していた。皆さんからの反応が多少有れば、キャンプ&オフロード走ろう会をやろうかなと考えている。反応が無ければ要検討かな。そしてこのコースならあの◯◯カップを何時か開催したいなと考え始めた私なのである。行って良かったな早川に。

人間もランドローバーも健康を目指して。

何事も生まれ持った特技が有ると改めて感じた。そう昨日はあの嫌な採血。窓口でいつも数人が代わり私も辛い。細田さんが上手なのでお願いしたいと伝える。私の希望が伝わり細田さんが採血。木村さんの血管は細いと認識していた。前回も大変でした。細田さんはお上手なので安心です。採血場で変なトークを展開。そんな会話をしながら痛かったら言ってくださいね。あっと言う間に3本の採血終了。見事の一言なのだ。細田さん貴方の採血は特技です。そんな恒例の採血&採尿も無事に終了。体重も3kg自然に減り数値は問題無し。10kg減れば薬を飲む必要無しだとか。10kg減だと毎日1万歩半年だな。そして毎週のアイスホッケーだな。う〜ん難しいな。さてランドローバーの話でもしますか。


旭モータースに行くと95%はディフェンダー整備。しかし残り5%はそれ以外のランドローバーが有る。この日も組み上がったエンジンがボディの側に置かれていた。二ヶ月後にはエンジンが始動しているのかな。直し乗り続けるランドローバー。それが私の理想とするランドローバーライフ。直らないランドローバーは無いと私は信じてます。まずは私のクラシックを直さないとですね。また猛暑が戻ってきたのか昨日は暑かった。台風が近付いてます。天気が気になるな。

300Tdi90の素材と出会う。

今日は二ヶ月ぶりの定期検診。そして半年に一度の目の検査。網膜剥離になっているので定期検査が必要なのだ。いま総合病院は定期検査で訪れる患者を各地域の専門医へ戻そうとしている。総合病院は高度技術を必要とする患者に絞りたいようだ。私も半年前から広尾病院から離れるよう言われている。今日の眼科の検査が終わり広尾病院ともお別れとなる。国立か立川の病院を紹介される予定。総合病院は一箇所で済むのが便利なのに。でも決まり事なので受け入れる。また恐怖の採血がと考えると気持ちが萎える。しかし還暦過ぎたオヤジは定期検診は義務と考え病院通いはこれからも続けます。

旭モータースでは300Tdi90をこれから仕上げるらしい。勿論販売車となる。なかなか数が少ない300Tdi90モデル。

ボディ色や内装にもリクエストが可能と考える。密かに300Tdi90の購入を検討している方には今がチャンス。自分好みのクルマにするには最適な素材となる。迷っているとクルマは逃げる。責める時は前進あるのみ。問い合わせる価値があると私は考えますよ。

ウルフは趣味人が所有すべきクルマ。

なんで田舎に住むと歩かないのか。東京に戻り毎日歩いている。田舎で歩くといえば早朝か夕方に老人が健康のために歩くくらい。都会は駅から自宅まで歩くし買い物も歩いて行く。電車の乗り継ぎでも駅構内を歩く。確かに都会はクルマの所有率が低い。田舎はコンビニにもクルマで行く。公共交通機関が無いに等しいので大人一人に一台所有。都会はクルマが無くても生きていける。なんて考えながら買い物で駅まで往復歩いた。クルマ雑誌を作っているが歩かないと不健康になるので歩くのだ。健康を考えると東京に住むのがベストかもしれないな。さて暫く讃岐旅行の話題が続いたがそろそろランドローバーの話題に話しを戻すとするか。あっそうだ英国大使館の友達が9月に日本に戻って来るので、暫くお休みしていた英国製品紹介ページを復活します。ちょっと英国を語りますよ。大使館にもお邪魔しますよ。お楽しみに。


私が過去に数多く紹介したウルフですが、ナンバーワンの程度の良さが今回紹介するウルフ。ダントツのレベルです。勿論売り物です。購入しても長期間所有しないウルフ。普段使いは無理が有るのか。このクルマ一は趣味のクルマ。そう考えないと無理です。仮に私が所有すると考えても理想のクルマとしては無理がある。理由は荷物が沢山積めない。しかし趣味のクルマと考えるとミリタリー好きにはヨダレが出ます。実際に英国軍が使っていた本物なのですから。そして300Tdiでミリタリースペック。間違い有りません。


このクルマで英国大使館に行ったら革命かと思われます。そんな事は私には出来ません。インパネもミリタリースペックなので雰囲気が違います。


ウルフは無線車を輸入するのが王道です。無線車以外は本気で汚いので日本人には無理です。この室内は美しい。なかなかこのレベルのウルフ有りません。でも普段使いには不便。だから趣味人に買って頂きたい。原寸大のプレミアムカーなのです。冷やかしはダメです。本気で興味がある方はサンカーズの橋口さんに連絡してください。クーラーは後付けで付いてますので熱中症は回避できますよ。でもハードトップなのでご理解くださいね。