author.php

ツナギの色はグリーンです。

先日アップしたツナギですが、色が飛んでしまいブルーに見えますが、正解はグリー系です。ロゴの色がオレンジ。今回の写真が原色に近いと思います。写真のサイズがMサイズです。ですが本人曰くSがベストサイズと言ってます。身長160cm体重60kgです。参考にしてください。ご希望の方はlrl@uk-style.netにお申し込みください。価格は送料込み9,800円(Sから2L)。3Lからはプラス500円になります。納期は申し込みから約二週間かかります。郵便振替用紙+商品をお送りします。

カメラマンは腹が減ると仕事が雑になります。

取材で一宮に行ってきた。当初予定していた撮影場所が使えず大騒ぎ。いつも撮影場所では苦労する。ボディへの写り込みは最悪。道路の白線も無いほうがよい。なかなかOKポイントが見つかりません。

こんな角度から撮っている絵がどうなったか。LRL04号でご確認ください。この日は蒸し暑く、夏かと思うほどの気温でありました。

いつも後ろ姿のカメラマン。こんな男であります。野獣系であります。いつも短パンにTシャツ。足下はいつもサンダル。とてもカメラマンには見えません。最近ダイエットをしているのか食事の量が減ってます。ちょっと前まではドスコイカメラマン。腹が減ると機嫌が悪くなるので、私のカバンには非常用菓子パンが常備されております。

セカンドレンジローバーのタイヤ選び。

クルマを運転するうえで、タイヤが一番重要と私は考える。純正サイズにするか16インチにするか正直悩んだ。しかし今回はあえて純正サイズで乗る事に決める。理由としては数年セカンドを本気で運転して無く、感覚を取り戻すことが目的と決めた。しかし本来ランドローバーは16インチと考える私としては、いずれ16インチに変更することだろう。理由としてはランドローバで舗装路や土道を走りたい。そうなるとへん平タイヤでの土道走行には無理がある。以前タイヤのサイドを岩で切りパンクさせた経験もある。ランドローバーは肉厚タイヤでこそ機能が発揮できるのだ。舗装路しか走らないと言う貴方、ワインディングでのランドローバー走行を経験しましたか。ランドローバーが道路に吸い付くようにナメルように走る、そんな訳ありません。あのボディの重さですよ。また道路にできる轍にハンドルを取られた経験ありませんか。不安になる直進安定性の無さ。原因はタイヤ選びにもあります。

想像以上にバランスが良い。さすがはBRIDGESTONEであります。255/55R18ですが轍にハンドルが取られず、片手運転をしても不安感がありません。せっかく大好きな憧れのランドローバーを運転するのですから、見た目重視でタイヤ&ホイルサイズをアップするのでは無く、安心して安全に運転できるサイズを選んでください。イベントとかに参加して色々なサイズを乗り比べると解ります。今月の21日22日早川でツインランド&ミッドランドのイベントが開催。数多くセカンドレンジが来ますからチャンスです。私が交渉しますから試乗会を行いましょうか。舗装路と土道の両方が経験できますから。

LRLロゴ入りツナギ出来上がりました。

澤地自動車の新しいツナギが出来上がった。なんと背中にLRL誌のロゴ入りである。白に見えるがオレンジである。ベースはグリーン。ロゴ入れてもいいかと聞かれどうぞと答えた。

腕にはコレが入っている。着心地が良いと平島君が言っていた。胸にはポケットもある。このツナギ澤地自動車で販売する。ツインランドのスタッフもこれを着用すると聞いている。なんだかよく解らなくなっている。まっいいか。LRLのロゴ入りツナギを着て、ランドローバーの整備をしていただければ私は幸せである。価格はMから2Lまで送料込み9,800円。3Lは9,800円+500円。どこまで大きいサイズが可能かは解らないが、質問にはお答えいたします。興味のある方はご連絡ください。私にメールで連絡されたほうが確実です。私が着用することは・・・無いな。

新東名は税金泥棒では無い。

新東名を初めて明るい時間に走った。沼津サービスエリアで休憩。日差しが強いが気持ちよい。遠くに海が見える。サービスエリアもどんどん進化してます。新東名が出来余計な物を作ったたなと思っていた。しかし実際に走ってみると設計者のセンスの良さに拍手。こんなに運転が楽しい高速道路は初めてです。お金を払って走る価値が充分あります。

高速道でもセルフですって。初めての経験であります。平日の朝はガラガラです。2.2TDCiを返却するべく走ります。寝不足からか、なかなか体とクルマが一体になれず休憩ばかり。たまにこんな事が起こります。

三泊四日で返却となります。約800キロ走り十分2.2TDCiは理解できました。なんなりとご質問ください。お答えいたします。

でました私の得意技。LRM誌でも使っていた運転撮影。一発勝負でピンがきてます。危ないので真似しないように。やっとやっと着いた尾張一宮。今回は遠かった。睡眠不足はダメですね。

で2.2TDCiのキモはコレです。6速高速運転であります。バランス加速全くもって素晴らしい。3速エンジンブレーキ走行が大好きな私でありますが、6速高速走行には拍手を贈ります。お試しを。