新日本を走ろう北海道編始まりますよ。

Pocket

日本を走ろう北海道編がついに復活します。道産子達に洞爺湖から羅臼までは無謀と言われ、羅臼から稚内までも無謀と言われ、稚内から苫小牧までも無謀と言われ。要は北海道を走るスケジュールは全て無謀のようです。そんな声を聞きますが決めたからには強行突破しかありません。今回旅のお供のクルマは130。一宮に佇む勇姿を収めたのでご覧あれ。


テンションマックスなのが室蘭の130斎藤さん。しかし彼の仕事はサービス業。ゴールデンウィークは稼ぎどき。会社が休ませてくれません。辛うじて5月1日仕事終わりからキャンプ場に駆け付ける状況なのです。一宮からの130は業者が運び伊達に到着。私は大好きな130を運転しルンルン気分。130オーナーと橋口くんを迎えに千歳空港にお迎えです。130でクラシック用冬タイヤを一宮から購入し運びましたラッキー。ネタが無くなったら紹介します。


今回の旅のお供は130オーナー丹羽先生。普段は先生と呼んでいるので。眼科の先生です。そしてランドローバー専用テスターを飛行機で運んで来た橋口くん。28日は室蘭セカンドオーナー日笠さんのお寺に宿泊。いまお寺でブログ書いてます。これからドラックストアで彼らのお風呂セットを購入し、北の湖記念館隣の日帰り温泉へ。そして11時にはスタート地点コハムに到着。新日本を走ろう北海道編が始まります。そうそうコハムにはゲストが。そして羅臼にもゲストが。盛り上がってきたぞ。

 

コメントは停止中です。