希望ナンバーで取得で納車を待つ日々なのだ。


PCで申請可能と書いてあったが自分で申請するのは初めてなので歩いて窓口まで行って来た。そうです希望ナンバーです。これが人生最後のクラシックレンジローバーと決めた。娘には何も残せないのでクラシックレンジローバーとクラシックミニは譲渡すると伝えた。まだ免許も所得していないのにだ。しかし娘は免許を所得すると言い切った。免許所得後はセカンドレンジローバーで慣れろと伝えた。あのクルマはボコボコになっても構わない頑強なクルマ。クラシックミニは何時か買うと決めている。娘は30歳も近いのでそろそろ自動車学校に行って欲しい願っている。で色々と悩んだ最後ナンバーはコレに決めた。



解る人は解るナンバーである。何歳まで運転可能だろうか。人に迷惑は掛けたくないので免許返納は必ずやってくる。それより心配なのが1993年式レンジローバーが娘の代になってもメンテナンスが可能なのか。私の知り合いのメカニックも私と共に年齢を重ねる。私が生きている間はまだ可能だろうが、30年後40年後のメンテナンスは私には想像出来ない。今で24年経過しているクラシックレンジローバー。30年後だと54年経ったクルマなのだ。娘は今の私と同年代か。そんな心配を今からしても意味がない。でも30年後も魅力的なクラシックレンジローバーだろうなと私は確信しているのだ。

コメントは停止中です。