ツバメノート。


日々書く事が好きな私はメモ魔。そんな私が探していた理想の手帳はページ数なのだ。10年以上英国製の手帳を使っていたが意味もなく高価。手帳にはコピーを貼ったりするので、ある程度の大きさが必要となる。何気なくAmazonをチェックしていたら理想のノートを発見。しかし送料を払ってまで買うのも納得出来ない。伊達と室蘭の文具店に確認したが取り扱い無し。注文可能だが10冊買って欲しいとのこと。それでは意味が無い。そんな理由で東京に戻って来た。現在の住まいは国立市。文具店が数店あるのだが全てに在庫が有るではないか。素晴らしい町なのだ。これを必要としている住人が居るのだ。嬉しくなった私は早速購入。



この厚みが嬉しい。外出時にも持ち歩いている。電車内では本を読むか書物をしている。喫茶店でも書物をしている。確かに重い。でもこの一冊のノートに必要な情報が書き込まれていく。カレンダーはコピーして貼ってみた。本当はA4サイズかなと迷ったが勇気が無くてB5にした。A4とB5の重さの違いはどれほどか。未だにちょっと後悔は有る。しかし1250円のツバメノートを購入し大満足なのだ。日々持ち歩く私のリュックは重量が増してしまったが。

コメントは停止中です。