愛車との相性は重要課題です。

特に旧車の場合は相性が最重要となるなと改めて感じた。相性が悪いとオーナーにとって最悪のケースが増える。何を急にと思う事であろう。昨日の夕方に室蘭の印刷屋さんに写真データとラフデザインを届けた。写真データをコピーする時間が必要なのでクルマで待つ。暑いので車内でエンジンを切らずに待つ。突然エンジンが切れる。あららと再始動するがエンジンが切れる。エンジンが始動出来ない。旧車の宿命である。今まではなんともなかったのに。前日は雪秩父にも真狩村にも行ったのに。突然エンジンが始動しない。でも印刷屋さんからガレージ橋本さんは歩いて3分。すぐに連絡をする。

2018/ 7/11 16:44



画像が粗いのは携帯での撮影です。こんな大切なときにGRを忘れました。残念無念です。さすがガラ系はこんな感じですか。ガレージ橋本さんには二度目のヘルプ。これは運命なのですね。何が言いたいか。相性の良いクラシックは私を奈落の底に落としません。高速道路で水温上昇時もパーキングまでは運んでくれた。今回だってエンジンストールしようと思えばニセコの山中でも構わない。でもちゃんと街中の印刷屋さんの前でトラブル発生。これこそ正しい相性なのです。トラブルでも私は落ち込みません。クラシックに感謝します。消耗パーツは必ず交換時期があります。

2018/ 7/11 16:45



橋本さんは燃料ポンプが怪しいと判断しコツコツ叩きます。

2018/ 7/11 16:46



道路で確認するのも大変なので軽トラで牽引。ブレーキを一度も踏むことなくガレージ橋本に到着。運が強いと考えるよりクラシックとの相性を考えてしまう私。過去何台ものランドローバーを買い替えましたが全て最後は相性判断。相性が良くても泣く泣く手放したクルマもあったな。しかし相性が悪くて速攻で手放したクルマが実は多い。新車中古車は関係ありません。貴方のクルマとの相性はいかがですか。因みに斎藤さんが迎えに来てくれて住職がクルマを貸してくれ、日帰り温泉に入り伊達に帰りました。さて原因は何か。燃料ポンプかな?