残念な結果に。

お気に入りのシューズ修理第二弾。靴底が減ったので事前に写真で確認依頼。お互いに理解をしたと思いシューズを送る。七福神や山手線一周歩きで使っていたお気に入りなのだ。


私の歩き方に問題が有る減り方だ。このような一体型の靴底はどのように修復するのか興味津々であった。


このような靴底は無理だと私は考えていたのだ。


完全に私の考えていた仕上がりとは違う。


ボルトの締込みで私の気持ちはトーンダウン。この手法が正しいのかもしれないが私は履きたくない。完全に気持ちは落ち込む。依頼した私が悪い。修復とは難しい。出来る物と出来ない物がある。買うときには修復可能か考えようと改めて思う。使い捨ての物は私は買いたくない。この信念は変わりません。残念。無念だ。