尾骶骨強打とフクラハギ筋肉痛で歩けません。

人は普段歩かないと大変なことになると痛感している。有珠山火口周り散策を決意した私は、展望台から散策入り口を歩き始める。ルンルン気分で歩ける散策コースでは無かった。私にとっては地獄谷だったのである。


散策コースから観た火口である。


展望台の標高から一気に火口の標高まで降りる。階段の数は600段。行き帰りが有るので1200段。これが後々の足へのダメージとなる。


その後散策路を歩き折り返し地点を目指す。町歩きと違い標高に弱い私はヘロヘロ。耳の調子は最悪。しかし歩き始めたからにはやり遂げるのだ。


折り返し地点は南外輪山展望台。洞爺湖の向こうには羊蹄山。絶景である。素晴らしい。その後私はフラフラヘロヘロになりながらあの階段を登る。膝はガクガク。泣きながらケーブルカーになんとか乗車。洞爺湖コハムに寄りランチ。コハムから2時間30分走り苫小牧を目指したのだ。そうです夜はアイスホッケー教室。だんだん想像出来ますね。アイスホッケーでは接触プレーで尾骶骨を強打。23時30分にやっと伊達に到着。夜は爆睡のため7時30分起床。尾骶骨は打撲のため激痛。そして両フクラハギが強度の筋肉痛。トイレまで牛歩状態。娘を雪秩父とヒラフと真狩村ライフに連れて行くので強行出発。雪秩父では湯に浸かりマッサージ。まだ効果は有りません。まだ牛歩は続いています。このブログを書くのも大変。椅子に座るのが一苦労。身体を斜めにしてお尻の位置を考えます。尾骶骨強打したことありますか。久しぶり強打。歳だなと痛感しております。接触時瞬間に身体を捻られません。筋肉痛なのにアイスホッケーの事を考えている私なのであります。