ターボライターと決別します。

愛煙家の私としては一服のタバコの着火に魂を込める。大袈裟では無い。100円ライターでの着火では駄目なのだ。たかが1本の着火。でも人生最後の一服かもしれない。だから真剣に吸う。そんな大切の行為なのに一回着火が叶わず、カチカチカチでは儀式にならない。相性が悪いと考えました。ターボライターはアウトドア好きの私には相応しかった。気圧や風にも対応するのだ。ターボライターが悪いのでは無い。既に10年間は他のターボライターを使っていた。今回のターボライターとの相性が最悪だったのだ。


さようなら。デザインは良かったのに。クオリティにばらつきが有ったのだろう。こんな事でメーカー修理は面倒なので諦めます。


復活します。困った時は君が一番。確実ですね。私の元に来てから20年か30年。ターボライターに浮気した私を許しておくれ。


実はダンヒルのライターが有ったので専用ガス&石を東京から取り寄せ。しかしメンテ不足なのか火が付かない。今更着火のためにメーカーにオーバーホールはちょっとね。整備代の想像が付かない。ZIPPOで初心に戻ります。100円ライターを使う時はタバコを止めるときなんでしょうね私は。お騒がせ致しました。海に投げ捨てたい思いですが記念に置いておきます。ZIPPO一発着火でストレス解消します。