久しぶりの爽快感。

運動っていいですね。片道約70kmの道程を帰りは爽快感で溢れていた。練習場所のスケートリンクが横に建物が二棟並んで建つ。初めて観たリンクが同じ場所に二棟。スケールが違う苫小牧。私の子供時代には勿論無かった。20代から各年代毎のスクール参加者。リンクは鏡のように管理が行き届いている。45年ぶりにアイスホッケーの聖地に戻って来た。ちょっと感動した私なのだ。参加者の面々は東京であれば社会人リーグに属するレベル。ちょっと正直驚きました。コーチの指導で基礎練習を行う。多分皆さんどこかのチームに属しているのに、好きで基礎プレーを練習しているのでしょう。だって参加者の防具が年季が入っていた。人生最後の防具だと用意した私だけ素人スタイル。こめかみの吹き出物は小さくなり、ヘッドギアを装着出来るレベルになって一安心。60代は見回しても皆無。でもリンクに上がれば歳は関係無い。


90分の練習後半は身体の反応が変化してきた。身体の各パーツが思い出したのか。リンクにカメラは持ち込めないので終了後に着替え室でシャッターを押す。久しぶりに全身汗まみれ。還暦だ爺だなんて忘れていた。完全に気持ちは中学生。今更アイスホッケーは危険だと仲間に言われたが、大好きなアイスホッケーは私の生き甲斐なのかもしれない。大好きなランドローバーに防具を積み、大好きなアイスホッケーが出来る。こんな生活が永遠と続くように健康に注意しよう。現実は61歳なのですから。あ〜楽しかった。次の練習日が持ち通しい。