今の自分を知る。こりゃダメだ。

久しぶりにスケートを滑った。室蘭にリンクが有り今月末で営業は終了。よくよく考えると一般滑走は記憶に無い。練習でリンクに入るので一般滑走は50年ぶりか。子供達が数人位。フィギュアブームなのか小さな女の子が練習していた。氷はガタガタ。こんな氷で滑るのか。これが地方リンクの現状か。要は製氷管理が無い。定期的に表面を平らにしないとガタガタ状態なのだ。表面がガタガタだとちゃんと滑れない。能書きはどうでもいい。新品のスケート靴。経験上慣れるまで苦労するのだ。リンクに降り立つ。滑り出す。あれ何だコレは。身体がイメージと違う。素人の滑りなのだ。足の動きが違う。頭で考えていた動きと身体の動きが違うのだ。10年以上リンクから離れていた現実を知る。


ゆっくりと滑る。身体が思い出すまで何周も滑る。足が痛い。おじさんに手袋を付けてくださいと声を掛けられる。リンクを出る。ベンチに座る。約20分滑ったようだ。十分今の自分を理解した。今日はもういい。練習日は31日。2回滑りにこよう。完全にアイスホッケーモードになった。必ずイメージ通りの滑りを取り戻すぞ。何ヶ月いや何年掛かるのか。61歳なんて関係無い。自分との戦いが始まった。なんてカッコイイ話では有りません。ただイメージ通り滑りたい。ただそれだけです。でもそれが大変なんですが。