アレコレと考える。

メールの返信はお待ちください。今日が原稿書き最終日。終わり次第返信致します。不器用なのでアレコレ出来ない。風呂にも入ってない。伊達に居ると孤独になれるので集中出来ます。さすがに今日は風呂に行きます。自宅の風呂は寒過ぎて入れません。ランドローバー中古車をチェックしていると、高年式の売り物が多い。各ディーラーが試乗車を手放しているのでしょうか。この10年でランドローバー新車価格が変わった。なかなか誰でも買える価格では無い。メーカーが意図的に価格を変えたのか。新車には良さも確かに有ります。買える人が買えばビジネスは成立します。買えない人は買える他のメーカー車を買えばいい。クルマ全体の価格が上がっているのでしょう。軽自動車の価格も驚いてしまいます。地方は別にしてクルマを所有しない人が増えている。都会で暮らせばクルマは必要無い。必要な時にレンタルでと考えるのでしょう。しかしちょっと旧式のクルマを所有するのが、クルマ好きにはトレンドのようです。まっ使えるクルマを廃車するのはナンセンス。使えるのであれば乗り続けて欲しい。クルマメーカーはそんな人が増えると困るでしょうが。でも建物だってリフォームの時代。クルマもリフォームが増えると私は考えます。


2003年式Td5。ディーラーが販売した正規輸入車。距離113,000km。15年間経った中古車となります。国産車だと15年落ちのクルマはボロボロとなります。しかしランドローバーは15年経っても美しい佇まい。これが本物なんです。走るためだけ考えて製造するランドローバー社。消費者に媚びてない。買える人が買えばいい。そのかわり一生乗り続けられるクルマを提供する。そんな意図を感じてしまいます。


1993年式RANGE ROVER。25年経ってます。ビンテージカーでは有りません。単なる旧車です1993年モデルは。こんな事を考えながら部屋に篭りランドローバーを考えている。考える時間ばかり増えてランドローバーと遊ぶ時間が減っている。でも長い人生には考える時間も必要なのです。鑑賞に耐えられるクルマが減りました。ランドローバー旧車は鑑賞に価するクルマなんだなあ〜。