夢を描くの勝手ですからね。

トラック好きの私を皆さんご理解していることだろう。そんな私なのでトラックの新車をショールームに展示しているサンカーズ訪問は楽しみ。今回の訪問ではラッキーな事に130と110ダブルキャブを展示。過去のトラック所有は110ダブルキャブのみ。残りの人生で130を買うのは困難に近い。でも130が好きなので色々と観察してしまうのだ。


色々な角度から眺める。それにしても130はカッコイイ。しかし北海道には置けるが国立ではキツイな。



形状が全く違う。110は好きで買ったファミリーカーで130は働くクルマ。それほどに利便性が違う。観て確認し頭に焼き付ける。この繰り返しを長年やっていると頭から離れない。そして試乗を繰り返すと感覚が身体に染み込むのだ。



荷台の形状もこんなに違うのだ。過重も計算されている。素晴らしいシンプルなデザイン。やっぱり130はいいな。61歳にもなってこんな事を考えている私はバカなのか。いやいや男は死ぬまでロマンを求める生き物なのです。夢を描くのは勝手ですから。

オレンジ系のゴミを観たら要注意。

長年使っていると物は痛み劣化するのが当たり前。物は修復すればまた使える。しかしクルマの装備品が劣化したからと言ってクルマを買い換える人もたまに居る。冷静な判断が問われます。今日はディフェンダーシート特にTd5のシートに限定する情報を。


Td5のシートはこんなタイプが特に多い。長年使っていればシートも痛みます。特に運転席側のシートは乗り降りで擦れる。ちょっと気になりますよね。


擦れの痛みは目で確認出来ますが、解りやすい視覚判断がこのオレンジ系のゴミです。この状態が確認出来たら赤信号。シートのマットが劣化してます。カバーが劣化してなくてもマットが劣化。


シートが劣化したらカバーを交換しましょう。各シート毎に交換出来ます。気分も良くなりますよ。シートの劣化でクルマを買い換えるとしたらナンセンス。物は大切に使いましょう。


オレンジ系のゴミを確認したらマットを交換しましょう。ランドローバーブランドのクルマは世界中で、30万キロ50万キロと普通に使われてます。そんな関係で純正品や社外品が充実している。乗り続ける美学を認識しましょう。因みに今回のネタは旭モータースで仕入れました。私は全身が筋肉痛。セカンドの荷物は世界記録かと思うほどに満載です。この状態で道路を走りフェリーに乗船出来るか不安です。嫁の実家で寝ましたが落ち着かない。早くお暇して北海道に戻ります。生活環境の違いは変えれませんので。3日は板橋七福神。歩きたくウズウズしております。当日参加お待ちしております。