クラシックは着実に前進しています。

お客様優先で作業しているので私のクラシックは空いた時間となる。そんな事は百も承知なのだ。前進していればいいのだ。完成目標は私が次に取材で訪れる4月中旬。名古屋からフェリーで北海道に運ぶ段取りとした。


運転したいのが本音。でも1993年式。いまこの時点で正しい整備を行えば末長く運転を楽しめる。焦りは禁物なのだ。


ヘッドの面を削り調整を行ったようだ。たまたまメカニックが気が付いたオイル漏れ。長年乗っている旧車としては避けて通れ無い。詳細は次号で報告するが待つ時間の楽しみも理解出来るようになった。4月には復活かと考えると今から北海道の大地を走るのが楽しみな私なのだ。

走れば何時か着く。年々と安全運転になってます。

往復約900kmの中部取材を終え無事帰宅。最近は距離を走って無いので多少は疲れます。新幹線だとビューとカッ飛び。クルマだと耐久戦。でもクルマのコンディション確認には長距離運転はたまには必要なのです。そんな合間に一人ニヤけてしまう事があります。習慣で運転席に座るとウェットティッシュで拭きまくり。手に触れる場所は念入りに拭いてしまいます。


あららサイドブレーキのボタンが消えました。


ボタンが出てきました。こんな下ら無い事で一人喜んでしまう私。クルマは汚いより綺麗がいい。しかし塗装は完全に艶無し状態のセカンド君。今回も無事に中部往復ありがとう。元気に走っているセカンド君ももうすぐ20万キロ到達です。

荷物が入り安心した私なのだ。

中部地区は暖かい。着込んだ服装だと暑い。荷物満載のセカンド。果たしてクラシックに詰め込めるのか。いや入れ込むしかない。


普通に考えれば入らない。


これは凄い状況です。


助手席も荷物満載です。この状況で整備終了後に北海道に運びます。4月受け渡しとなりそうです。


見事に空っぽになりました。でも荷物を詰め込み北海道に戻ります。クラシックの作業状況は明日にでもお知らせします。ランドローバーは荷物が入るなと改めて感心した。最近は荷物ネタばかりだ失礼しました。

セカンドは物置か?

いつも私のクルマは荷物満載。クルマが物置化している。嫁の実家入りでバタバタしているが、私のスペースが無い。私の荷物は北海道の実家へ。子供達の部屋はお婆ちゃんが床と壁紙交換。VIP待遇で有る。まっ仕方が無い。私の住処は北海道となる。両方の親が天国へ召されたら家族の元へ戻る。これも我々の使命。我々の年代が通る道なのだ。若者達よ他人事だと思っているでしょ。当事者になれば解ります。なかなか大変な問題なのです。北海道の実家は広いので快適な空間にと思案中。でも引越しを繰り返し断捨離したのにまだ荷物が多い。


暗くてピンボケですがこの荷物をクラシックに入れ込みます。捨てたのに捨て切れなかった洋服です。この荷物を空にしないと他の荷物を北海道に運べません。借りている物置にはキャンプ道具が満載です。嫁は鬼のごとく全ての荷物は北海道に持っていけと。若者達よ伝えます。趣味で物集めはナンセンス。シンプルに生きましょう。今日から中部取材に出掛けます。

もうすぐ北海道にも春が訪れます。

相変わらず毎日のように日本は冷えてます。冬だから冷える。しかし冷え過ぎるのも困りものです。北海道からセカンドで戻ってきて体感出来るのがエアサスの動き。東京が寒いと言われても北海道とは全く違う。やはり東京は暖かい。エアサスの動きがスムーズですから。そんな寒い室蘭から130斎藤さんが写真を送ってくれた。


寒々しい絵です。高台に有る斎藤家。風で雪が飛ばされます。室蘭は風が強いので風力発電が数多く設置されてます。これは完全に冷蔵庫。丘を降りれば斎藤さんの職場。室内が温まる前に到着です。私は毎日嫁の実家から粗大ゴミを環境センターに持ち込み。粗大ゴミ運びのオジさん。すでに10回持ち込みすっかり顔馴染。130が有ればと勝手に想像しております。でもシートを外したセカンドは大活躍。まだまだ粗大ゴミ運びは続きます。