リアリティを忘れずに。

東京は暑くて半袖姿だ。暑くてかき氷だ。伊達は寒くて寒くて。朝晩はストーブがないと風邪をひきます。寒くて温泉に浸かってます。風呂上がり外での一服は涼しくて気持ちいい。花見なんてまだまだ先の話。そんな気温が続いてますよ。狭い日本なのにこの気温差はなんですかね。東京に戻るのがちょっと怖い。気温差が有り過ぎて風邪が怖い。皆さんも体調管理に気をつけてくださいね。さて引っ越しのお陰で、色々と忘れていた物との出会いを楽しんでおります。趣味とは幅が広い。一時はミニカー集めに狂っておりましたが卒業。物集めに終わりがありません。物の収集には理解出来ます私は。


大きさが解りますよね。ちょっと珍しいので購入したのでしょう。袋には40ポンドと。それなりの価格です。頻繁に英国に通っていた頃かな。いまはネットで世界中から買える。でも価値は現地での出会い。リアリティを大切にして欲しい。一年に一度。いや数年に一度でもいいから現地イギリスに行ってください。私は耳が完治したらやっぱり行きたい。あ〜イギリスに行きたいな。

ウーロン茶が見付かった。

引っ越しで何処かに入れた物が見付からない。そんな事ってありますよね。私が探していたのがウーロン茶。段ボールを全て開けても出てこない。でも気になるウーロン茶。捨てる訳が無い。記憶を辿るが曖昧です。そんな日々を過ごしていたら突然見付かりました。えっこんな場所に入れたのか。人間なんてそんな生き物です。皮膚科に行ってから一週間。なかなか完治しません。一週間後に来なさいと医者に言われてます。普段の生活で皮膚科は縁遠い。しかし伊達に来てから2回目。一度目はタコの卵巣食べて蕁麻疹。あれは凄かった。今回は皮膚からバイ菌が入ると言われてもね。コメカミなので寝返り出来ません。同じ方向で寝ていると疲れます。今回は完全にアイスホッケーモードの伊達滞在。東京に戻る前に一回練習が有るのでイメージトレーニングに励んでおります。今回も映画鑑賞に励んでおりますが、なかなかいい出会いが起こりません。余りにもアホ臭い映画だったので紹介します。


アホ臭い映画のようで強烈なメッセージを感じます。自動車メーカーはこの映画を観て何を感じるのか。便利になる事を必要としている人も居ます。しかし必要としない人も居るのです。利便性とは何か。クルマを操作するとは何か。アレコレと私はアホ臭い映画を観て考えてしまいます。所詮映画とは娯楽。しかし映画には作り手のメッセージが込められています。メッセージを理解出来ないと作り手に失礼。でも映画は面白い。だから映画を観てしまうのです。今日は皮膚科に行くか。私は病院オタクではありませんからね。

煙草の着火に拘ります。

長年使っていたライターが限界に。本体が壊れる前にレースの蓋が割れて閉まらなくなる。ならば原価を上げて金属的なケースにすれば、とか色々と考える。最近ライターの好みはターボライター。屋外での点火が多いので風に強い。点火は煙草用だ。1本の煙草点火に100円ライターは許されない。初代ターボライターは色違いで2本購入したが数年で壊れた。気に入ってたので新品を探したが見付からなかった。二代目は頑強なライターを探した。大きくて邪魔だが我慢して使い続け数年。蓋のケースが割れ閉まらなくなるとは。数年使い続けたので良しとする。なかなかパーツを供給するターボライターが無かった。昔は皆が知っているライターメーカーのイギリス製やフランス製を使った。イギリス製は何度も落として壊し、その度にメーカー修理に出していた。落としても壊れないライターがいいと考えターボライター派に変わったのだ。ジッポも数多く利用したが雨や風に弱い。今でもお気に入りのジッポは仕事部屋では使っている。フランス製は開け閉めの音はいいが、落とすと悲しい位に壊れる。落とすなと言われそうだが落とすのだから仕方がない。そして三代目ターボライターがコレだ。


雰囲気と質感に興味を持った。価格もお手頃価格。着火するのが楽しくなるライターなのだ。指で触って気持ちいい冷たさ。ただガスを補充しての持ち時間が解らない。定期的な補充が必要。ライターは点火しようとして着火しないのが最悪。これだけは避けたい。こんな時に100円ライターで煙草に火は最悪のケース。メーカー修理は可能と書いていた。果たして何年使えるのか。三代目ターボライターとの日々がスタートした。

クルマに疲れるより今はスポーツで疲れます。

人間疲れると寝れるのですね。昨日は午前中に大好きな壮瞥の温泉に行き汗を流す。そしてなんと20時過ぎに寝てしまった。久しぶりの運動で疲れたのでしょう。今日は3時過ぎに目が覚める。目が覚めたら起きる主義。早朝から荷物を確認していたら断捨離したのに趣味物が。ランドローバー&クラシックミニはお馴染みですが、隠れた趣味がありました。勿論クルマです。随分と長期間所有しておりました。MGAクーペも思い出のクルマですが。こんな私ですが20代から50歳まではクルマバカでしたから。


そうですモーリスマイナー。超マイナークルマ。それもエステート。取材で行ったニュージーランドで出会いレストアに一年。なんだかんだで出会いから日本到着まで一年と半年。その間に二度ニュージーランドに行きました。ニュージーランド物は邪道だと言う人も居ますが、錆が無い。英国物は錆との戦い。ミニクーバーSを英国でレストアしましたが錆が除去出来ないのです。エンスー車は錆との戦いなのです。なのでエンスー車は卒業致しました。終わりの無い旅に疲れました。


現車はもう有りませんがミニカーは残っていた。外装はこんな感じでシートはワインレッド。これが可愛いのです。今でこそクルマ趣味は過去の話ですが一応全て通過しております。なので語れる。忘れません所有した物は。でも今はアイスホッケーが楽しい。人生色々なのです。モーリスマイナーグッズがまだ沢山有りますが思い出として保管します。

久しぶりの爽快感。

運動っていいですね。片道約70kmの道程を帰りは爽快感で溢れていた。練習場所のスケートリンクが横に建物が二棟並んで建つ。初めて観たリンクが同じ場所に二棟。スケールが違う苫小牧。私の子供時代には勿論無かった。20代から各年代毎のスクール参加者。リンクは鏡のように管理が行き届いている。45年ぶりにアイスホッケーの聖地に戻って来た。ちょっと感動した私なのだ。参加者の面々は東京であれば社会人リーグに属するレベル。ちょっと正直驚きました。コーチの指導で基礎練習を行う。多分皆さんどこかのチームに属しているのに、好きで基礎プレーを練習しているのでしょう。だって参加者の防具が年季が入っていた。人生最後の防具だと用意した私だけ素人スタイル。こめかみの吹き出物は小さくなり、ヘッドギアを装着出来るレベルになって一安心。60代は見回しても皆無。でもリンクに上がれば歳は関係無い。


90分の練習後半は身体の反応が変化してきた。身体の各パーツが思い出したのか。リンクにカメラは持ち込めないので終了後に着替え室でシャッターを押す。久しぶりに全身汗まみれ。還暦だ爺だなんて忘れていた。完全に気持ちは中学生。今更アイスホッケーは危険だと仲間に言われたが、大好きなアイスホッケーは私の生き甲斐なのかもしれない。大好きなランドローバーに防具を積み、大好きなアイスホッケーが出来る。こんな生活が永遠と続くように健康に注意しよう。現実は61歳なのですから。あ〜楽しかった。次の練習日が持ち通しい。