ボディ色に拘りましょう。

日本人は好みの色をもっとアピールすべきだと私は考える。例えばクルマのボディ色。昔は白系が流行った。そして現在は黒系。20年位前は英国車ならグリーン系。もっと個人の個性をクルマのボディ色に反映させてもと考える。通り過ぎるクルマの色が国産・外車問わず均一なのだ。これは面白く無いし華やかさに欠ける。私はディフェンダーは黄色だったしセカンドは純正の赤。もっと楽しんで欲しいのだ。最近撮影したランドローバーのボディ色でお気に入りはコレだ。


完璧な色だ。好みなのだ。深みが有って最高だ。なかなか出会わ無いボディ色。販売店も仕入れの段階で余り冒険はしない。結果として白系か黒系が中心となる。購入者がオーダー可能な時期であれば好きなボディ色を選べたが、生産ストップとなった今ではそれも儚い夢となった。まして中古車となると運命の出会いしかない。皆さんボディ色で冒険をしない。買うときに売るときを考え無難な色選び。ちょっと夢も希望も欠落しているのだ。


好き嫌いは有るが派手な赤&黒革となる。110TDCiをボディ色で選べと言われたら、私は迷うことなくこのクルマを選ぶ。それほどにいい色だと私は考える。ディフェンダーが白か黒ばかりだとつまらない。ボディ色で個性を表現するのも悪くは無い。110TDCi購入を考えている貴方、ちょっと候補として考えてはいかがですか。クルマは四日市のプログレスにありますよ。

 

 

笑え無い話なのです。

先日は飛行機で東京に戻ってきた。耳のエア抜きは自宅に有るので飛行場で再度購入。迷って迷って仕方なく飛行機で帰ってきた。セカンドを持ち帰っても置き場が問題なのだ。で問題が起きた。羽田に無事に到着。エア抜きを耳から取り出そうとしたら右耳から取れ無い。なんと表現したらいいのか。クッションだけ残ってしまった。さあ大変。引っ張り出そうとしても出無いのだ。


持ち手だけ抜けてしまったのだ。挿入時は回しながら入れる。耳にフィットしている。簡単には抜け無い。誰か知り合いが居ればクッションの穴に持ち手を差し込んで抜ける。でも一人では無理。必死に抜こうとする私。爪で挟んで引っ張り出しを試みるが取れ無い。飛行機から降りて歩きながら格闘すること10分。やっと取れた。しかし頑張り過ぎて耳の中は裂傷。現在は痛みも和らぎ瘡蓋状態。鼓膜の問題とは別に傷を作ってしまった。耳で苦しむ私なのであります。笑え無い話なのです当事者は。