たかがスリッパされどスリッパ。

私が愛しんでいるスリッパに定期的にクリームを擦り込む。素手にクリームを付けスリッパに愛着込めて。たかがスリッパだろうと言うなかれ。私が英国まで行き購入したスリッパなのだ。10年は私の室内履きとして足を守ってくれている。一生物として購入したが価値は十分有る。棺桶に入れて欲しい物の一つなのだ。10年履けますか室内スリッパを。


断捨離はほぼ終わった。手元に残った物は一生使い続けるだろう。その中のスリッパなのだから意味が有る。


革はクリームを吸い込み元気になる。S・M・Lのサイズでは有りません。ちゃんと靴と同じサイズ展開。コレが本物の証です。なので私にはジャストサイズ。この存在感が素晴らしい。購入価格はヤボなので聞かないでください。でも仮に補修をしながら30年使えたら誰でも納得します。ただ30年使いたいと思える物に出会えるかに意味があるのです。さて今日は青梅七福神。20km歩いて来ます。頑張るぞ。