ちょっとした作業で愛着が深まります。

待ちに待ったテント補修だ。汚れたテントを綺麗に洗いたいが、勇気が無くてコインランドリーには行けない。最悪の事を考えてしまうのだ。雨のキャンプで洗剤で洗うのは無謀だし。快晴の真夏にキャンプ場で洗う。設営後に洗うのはどうだろうか。補修キットを買うときにテント用洗剤を確認すれば良かったと後悔。駐車場では集中出来ないと判断し自宅での作業を行う。


ついついココにライトをぶら下げてしまいました。バカな私です。ライトの重みで剥がれ雨水が染み込みます。


綿棒で接着剤を剥がれた場所に。どれだけ効果が有るのか解りません。


そもそも紐は無いほうがいいのでは無いか。


という事で切ります。全てを取り除きたいのですが漏れが怖いので一部切除。


リペアテープを用意します。


こんな大きさに切ります。これを貼れば完璧だと考えます。でも使ってみないと答えは解りません。でもこれでテントへの愛着が深まります。


これで作業終了です。これから乾燥させます。物の補修&修繕とは、それに適したリペア品を数多く持っているか。作業は単純です。でもいざ直したいと考えた時に手持ちのリペア品が有るか。これが最大のポイントになるのです。靴を磨きたい。と考えた時に何を持っているか。壁が壊れた時に工具を持っているか。断捨離を心掛けている私なのですが、物を使い続けるためにはリペア用品が必要になります。リペア用品も物なのです。断捨離との格闘が起こります。手持ちに長年愛用している折りたたみ傘があります。でも使い過ぎて数カ所穴が。穴が有る傘は使えません。直したい。使い続けたい。さてどうするか思案中なのであります。