拘りは多少は必要だ。

物事は何でもいいという訳では無い。一杯の珈琲を飲むのが紙コップなのか陶器なのか。缶ビールをそのまま飲むのか。コップで飲むのか。ランドローバーを販売していた当時のローバーカーズ。ローバーカーズの拘りの一品を紹介しよう。ディーラーに来客したお客様への一杯の珈琲&紅茶に使われた。


オーバルマーク入りの器で出される一杯の珈琲。来客したお客からすればテンションが上がるのだ。ランドローバー側の世界に来た喜び。たかだか器かもしれない。しかし世界観が必要なのだ。


器は日本を代表するノリタケ。ランドローバーブランドとのコラボ商品である。何でもいいのでは無い。日本のノリタケに意味が有るのだ。


私は思うのだ。果たしてこの器を使っているディーラーは何店舗あるのか。様変わりしたディーラー店舗なので今更使っていないか知らないか。でも使える器は使い続ける。普段から破損させないように扱う。その気持ちが大切なのだ。この一脚の器には様々な思いが込められているのだから。因みにディフェンダーを眺めながら飲む一杯の珈琲が私は好きで有る。貴方もサンカーズに出掛けてみては。ただ喫茶店では無いので間違えないように。