物置の修復。

北海道に台風は来ない。なんて考えは今は通用ない。直撃の台風を私は確認した。市内の川から泥水は流れ出し町中は泥水に浸かった。強風で建物が破損した。農業被害も数多く確認された。大変だったでは済まされない。かと言って地方の年数が経った建物の建て替えは現実的では無い。そんな状況で物置の壁が吹き飛ばされた。確認すると物置の壁を留めていた釘が全て浮いていた。強風の揺れで歪んだのだ。長期出張中の岡田くんが伊達に戻って来た。二人でホームセンターに行く。


壁が重いと物置が倒れると判断し、壁を軽くすると決めた。


寸法を確認する岡田くん。


切る。サイズに合わせて切ります。しかし簡単には切れません。


取り付け開始。私は浮いた釘をひたすら打っていた。しかし打てば壁が割れる。理想は全ての壁を外し軽い部材に変えたいのだが・・・無理と判断。


雨風を防ぎ明かりスペースと考えればベストか。セイコーマートに昼飯を買いに行きあのお馴染みの弁当を久しぶりに食べた。美味い。セイコーマートは裏切らないのだ。これで一安心。東京に戻れます。岡田くん、ありがとうございました。

距離で確認するクルマの価値観。

最近の各クルマメーカーは次々とSUVを発表する。売れるとなると必死なのだ。張りぼてのクルマを作っても売れ無い。プランドだけでSUVを出しても売れ無い。それでなくてもクルマは売れ無い時代。各メーカーは中国で売れればいいのか。中国企業が買い取ったMGもSUVを発表するらしい。何が何だか解りません。まっ作るのは勝手ではある。北海道でクルマの話をするとトヨタが圧倒的に人気がある。勿論4WD車がメインとなる。そして距離を聞くと20万キロ、30万キロが当たり前。10万キロなんて言うとまだ新車だと言われる始末。私の友人は三菱パジェロを30万キロオーバー。まだ走れるから乗ると普通に話す。全員とは言いませんがクルマは使い切る道具と考えてます。そうクルマは道具なのです。洗車のアイテムではありません。


セカンドはまだ20万キロに到達していない。整備を行えばまだまだ使えます。容姿はどんどん艶が消えてます。しかしどんどん存在感は増してます。最近は小林工場に行けてない。セカンドで行くのが楽しかった。ウインチも使ってないな。11月26日ブロンコで重要なデュアル最終戦が開催。ブロンコまでの導入路はクラシックでは無くセカンドで上がりたい。これは現場に行かないと解らない。まだ早いのですが036号は26日ブロンコに行くために納品・発送は23日と決めました。そうだ23日深夜便のフェリーに乗ればセカンドでブロンコに行けるな。皆さん11月26日決戦の日を忘れずに。私は今から楽しみにしております。

気が付けば無趣味だった。

部屋に篭り読書と映画鑑賞の日々と書いた私だが、読書と映画鑑賞は趣味とは違う。生きるための肥やしと考える。だとすると私に趣味と言える何かが有るかと考えた。今は無いのだ。アイスホッケーからは離れているし。ゴルフだって数年クラブを握って無いし。趣味は一人で出来たほうが都合が良い。今更何が出来るのか。60歳の手習いは何が可能なのか。習字はちょっと興味は有る。御朱印で数多くの文字を見ているのらだ。でも習字だと部屋に籠るしな。キャンプは私にとって趣味では無いし。趣味は生きるうえで必要不可欠と私は考える。東京と伊達には荷物が分散。伊達の仕事部屋の片隅に小さなバッグが置かれている。このバッグは長年私が動き回るクルマの車内には必ず有った。まるでお守りのような存在だった。20年以上行動を共にしているのだ。中身はトラベル用フライセットだ。


20年以上前に取材でイギリスに訪れた時に記念に購入。特別に釣りが好きだったわけでは無かった。しかしその後釣り取材で何度か使用した。しかしトラベル用なので使用頻度は低かった。でもHARDYは英国好きの私としては縁を切れ無い物なのだ。年相応を考えると釣りは今の私に合っているか。北海道でも本州でも可能だし。持ち運びも可能だし。この大きさが今の私に相応しい。東京に戻る前に試しに行くかと考えている私なのだ。

究極のディフェンダーはトラックだったのだ。

納品・発送後は虚脱感が数日続きます。天気予報では北海道はこれからどんどん冷え込むようです。毎日目に入る台風の爪痕が気になります。工具が何も無くて手が付けられません。東京に戻る前に修復しないとマズイな。岡田くんが出張から戻るのを待っております。工具はクラシック室内に沢山有るのにな。でもクルマの行き来はちょっと面倒なんですよ。北海道は遠いのです。伊達に居ると規則正しく生活しております。寝るのも早い。寝ると必ず夢を見る。夢にもランドローバーが登場ですから困った状況。最近の夢の絵はコレです。


頭から離れません。これに130が加われば完璧な私好みのディフェンダー3台となります。そしてこんな倉庫が欲しい。なんでこんなにトラック好きになったのか。もっと早く気付いていれば。ちょっと後悔しております。110シングルトラックもいいな。究極は90&130トラック。長年のクルマバカ生活で解ったのはクルマ所有は2台が理想。2台以上所有しても可愛がる限界が有ります。この2台は300Tdi。そして購入可能車。旭モータースに有ります。売れて欲しい気持ちと売れないで欲しい気持ちが。隔月で伺うのでこの場所に居て欲しいのが本音かな。カッコイイの一言です。トラックは究極のディフェンダーなのだ。また夢の中でドライブするか。