現行モデルを試乗します。

ランドローバーで所有したクルマは2008年式レンジローバーで停止している。それ以降のランドローバーは所有してない私。クルマを語る権利は所有しオーナーになる事だと私は考える。そんな理由でモータージャーナリストのインプレは信用しない。ちょっと借りてちょっと試乗しても本質を理解出来るとは思えない。最新ランドローバー試乗から離れていた私。旧車ランドローバーの良し悪しはすぐに答えられる。しかし現行車の試乗は極端に少ないのが現状。現行車を購入するのは困難。これではバランスが悪いと考え現行モデルを試乗した。クラシックレンジローバーでの行き帰りなので、最新レンジローバー試乗後は笑ってしまった。理想の所有車はクラシックレンジローバー&最新レンジローバーか。こりゃ大変だ映画鑑賞している場合では無いな。


まずはレンジローバーから試乗する。これ以上の何を求めるのか。全てのバランスが良い。全長5メートル超えが気にならない。このまま北海道まで走って帰りたくなる。シートの固さとホールド感が素晴らしい。値段を確認し改めて驚く。差別化を考えると今の価格設定は適正価格なのだろう。誰でも買えるレンジローバーは間違い。買える人しかレンジローバーを堪能する権利は無い。しかし一台だけ所有する権利が与えられたら間違い無くこのクルマを選ぶな。


続いてレンジローバースポーツ。勿論素晴らしいランドローバーである。しかしレンジローバー好きとしてはスポーツは別のクルマと考えてしまう。スピードより安心感を重要視する私なのだ。デザイン的にもスポーツって柄では無い。試乗は悪天候を選ぶべし。こんな日になんてレベルがいいのだ。大雨とか強風とか大雪なんて最高のロケーション。ランドローバーのポテンシャルは悪天候が解りやすい。ディーラー担当者は驚くであろう。でも優秀な営業マンは理解します。レンジローバーは豪雨でも安全に貴方を運んでくれますから。明日はディーゼルエンジンのディスカバリーを語ります。