F-PACEディーゼルを試乗する。

ランドローバーの最大のライバルはジャガーのF-PACEなのか。敢えてディーゼルモデルを試乗した。気になっていたジャガー初のSUV。ジャガーとランドローバーは同じ会社。どのように住み分けを行うのか。ジャガーオーナー達の関心が高いと聞いている。激戦のSUV市場。ジャガーのライバルはランドローバーなのか。無関心を装っていた新車SUVではあるが、ランドローバーVSジャガーだけは無視はできないな。


日本では好まれる大きさである。フロントデザインは意図的にジャガーなのだ。


スポーツカーを意識したシートとインパネ。座り心地はジャガーである。


ポジションは悪くない。2リッターディーゼルエンジン。トルク感は十分感じられた。アクセルを踏むと想像以上のパワーが。大きさがいいな。


窮屈感はないな。シートは完全にスポーツカー的な発想である。


荷室は十分かな。普通はゴルフバッグ何個と考える。私はキャンプ道具を考え想像するのだ。長物の椅子とテーブルは手前だな。


ジャガーSUVディーゼルで満足したと言うことは、多分来年発売するイヴォークディーゼルは間違いなく買いだな。ランドローバー志向なので気持ちがランドローバーなのだ。しかしランドローバーと無関係であればF-PACEは買いだな。最終的には好みと志向の問題となる。ただこのクルマでオフロードを走る気分にはなれない。完全に街乗りクルマ。悪天候で試乗してみたい。不安感が残るのか消えるのか。勝負はそこで決まりそうだ。

クラシックも相性がいいようだ。

想像以上にクラシックがいい感じ。最近お気に入りの大型魚屋に行くと、駐車場を管理をしているオヤジが、何度もいいクルマですねと褒めてくれる。オヤジにはカッコイイと思わせる魅力が有るのだろう。まっ中高年に好かれるクルマなのだ。ディーラーさんに展示した時も私と同年代のオヤジたちは興味津々。乗れますか使えますか。カッコイイですね。乗りたい人は買えばいいのにと私は思ってしまう。ディーラーで売っている新車価格を支払えば、レベルの高いクラシックが仕上がりますよと私は言いたいのだ。1993年式はただ旧車なのだ。ビンテージカーでは無い。


荷室に荷物が無いのは珍しいので撮影します。そこそこ美しい。


私の普段使いはリアシートも使いません。こんな綺麗な状態も珍しいので撮影します。何も無いのは美しいな。でもこの状態では私らしくない。


という事で普段の状態に戻します。東京にクラシックとセカンドが有ったら荷物置き場としては完璧なのですが。相性が良くてクラシックには感謝です。これから長距離運転が続くので近々のブログはお楽しみに。クラシックも相性が良くて感謝なのだ。クラシックの程度の良し悪しの判断は体に染み込んでいる。クラシック購入で迷っている方居ますか。必ず試乗してくださいよ。試乗せずに買ってはダメですよ。車検切れなら困りますね。でもやっぱり試乗できないなら買わないな。

クリームパンが好き。

昔から菓子パンが好きだ。特に好きなのがメロンパンとクリームパン。食べ過ぎは体に毒。解っているが止められない。高カロリーなのだ。しかし食べたくなる。だから歩くのだ。見慣れないクリームパンと出会ってしまった。通うスーパーの入り口に看板が。期間限定での販売のようだ。岡山生クリームぱん。


初めて聞く目にする名称だ。製造元は岡山市。地元では名が知れたパンなのだろうか。冷やして販売している。見た目はどら焼きだ。購入日が27日で賞味期限が30日。そんなに持つのか。これはブラックコーヒーを飲みなが食べるとするか。パンと言うよりスイーツかな。2個食べてしまった。残り1個は味わいながら食べるとするか。最近ニュースで知ったのだが、あんぱんの木村屋がクリームパンを販売したらしい。クリームパン好きとしては食べたいな。それにしても菓子パンと珈琲は絶妙なコンビネーションだ。

 

売れるクルマには魅力有る。

あっという間に生産50万台突破したイヴォーク。正直気になるクルマでは無かった。しかし人気があり乗りたい人が多いから売れている。なんで売れるのか真剣に考えた。売れるクルマには魅力が有るのだ。ディーラーの営業マンが言った言葉が頭から離れない。イヴォークを買う人はイヴォークが好きなんですよ。


このデザインなのか。この大きさなのか。イヴォークが登場した時は正直驚いた。ランドローバーブランドとして成立するのか。しかし現在のランドローバーを牽引している稼ぎ頭。


英国車好きいやランドローバー好きは保守的思考が強い。確かにデザインは斬新である。しかし運転席から見える景色はフリーラーダーと同じ感覚なのだ。大きさも日本の道路事情に合っているし。ちょっと長距離運転で奥底でも探るかな。今更私は何を言っているのか。今日はクラシック室内にキャンプ道具を戻すとするか。二列目シートが見えると落ち着かない私なのだ。荷物が満載なのが私のクラシックレンジローバーの正しい姿なのだ。

こんなタイミングですが。

余りににもリアル過ぎて困ってしまいました。このタイミングだから出版したのか。出版したらこのタイミングだったのか。でも小説は簡単にホイホイ書けるわけでは有りません。企画段階からそれなりの時間が掛かっていると考えます。


アメリカと握手して仲良くして欲しいですね。本音はアメリカが大好きそうだし。コーラ飲みながらハンバーグ食べてバスケット観戦すればいいのに。国民が可哀想。私が意見すべき問題ではありません。でも本は読む価値ありますよ。面白かったなリアル過ぎて。平和が一番。自衛隊員が岡田くんと重なって頭が混乱します。岡田くんは野営訓練しているのかな。