お待たせ致しました。

プログレスから出発し一般道を笑顔で走る私。話し込んで18時を過ぎておりました。仕事終わりの通勤渋滞が始まっている四日市。長年の習慣で水温計の針を確認してしまいす。中間から右上がりか。ちょっと高めだな。そんな時はクーラーを切ります。高速に乗る前にはガソリン満タンだなとスタンドへ。満タン後には高速道路へ。水温計から目が離れません。刈谷の観覧車を眺めながら快適走行。快適走行と言っても24年経ったクルマですからご理解を。でも水温計はどんどん右側のレッドゾーンに近づきます。刈谷から次のサービスエリアまでは距離があります。自然と新東名を目指す私。だんだん焦り出す私。これはトラブル発生だ。鬼門の伊勢湾岸道路の記憶が。岡崎サービスエリアまで残り3km。完全にレッドゾーン突入です。左車線を速度を落とし走る私。頼むから持ってくれ。路肩に停車するには危険です。なんとかサービスエリアに突入。すぐに停車しますがエンジンルームから登別温泉を思い出す湯けむりが。セーフかアウトか。社外に出ると一面のお漏らしが。



ここで落ち込むなんて考える人は素人です。フルレストアの作業を行ったらちょっと問題です。しかし24年前のクルマ。これは現実です。今回は相当整備を行いました。整備項目を見た私が驚きましたから。プログレスさんに本音で感謝しました。しかし全てパーツ交換を行ってません。現状で仮に100万でクルマを買ったとしても、あっという間に200万位は整備に掛かります。それが24年経ったクルマの現実なのです。



そんな理由で岡崎サービスエリアで積載車に乗りクラシックレンジローバーはお戻りになりました。



悲しげなクラシックレンジローバー。しかしこんな事で真っ青になる方は旧車を所有しないほうがいいですよ。特にオーナーが変わる時は色々な問題が起こります。乗りながら仕上げるのが正しい旧車乗り。プログレスは誠意ある行動で私は感謝しております。これがクラシックレンジローバーの現実です。私が乗るのですからどれだけ整備をしたか解りますよね。でも起きてしまうのです。私は真実を伝えるとプログレスには伝えました。そんな事より心に決めた事が起こりました。詳細は明日のブログでお伝えしましょう。トラブルで生じた問題なのです。