大井町の小さな眼鏡屋さん。

大井町駅下車で品川区役所方面に歩き吉野家の近くに小さな看板が見える。その看板がコレだ。



小さな看板の小さな眼鏡屋さん。眼鏡の修理や新規購入に利用している。特に丸フレームは品揃えが豊富。私は丸フレームは使わないが丸フレーム好きが集まる眼鏡屋さんなのだ。



眼鏡は小学生から愛用しているので体の一部。眼鏡無しでは生活出来ない。50歳代からは老眼になり遠近も使ったが、今は跳ね上げ式にハマっている。しかし現代の跳ね上げ式眼鏡のデザインは好きでは無い。昔ながら爺の眼鏡が好き。デットストック情報を持っている眼鏡屋さんなので連絡が入ると立ち寄る。



拘りを持たなくなると人生つまらない。丸眼鏡に興味のある方は立ち寄って欲しい、安売り店では無いがフレームとレンズでそれなりに値引きをしてくれる。オーナーの計算方法なので一律の値引きでは無い。眼鏡は身体の一部。人と違う眼鏡にこそ意味が有ると私は考えるのだ。私のイメージする跳ね上げ式眼鏡を探す旅は終わらない。