好きだなクラシックレンジローバー。

耳鳴りと炎症で聞こえない。小学生以来かな。いや気圧で鼓膜が腫れたこともあったな。とにかく生まれつき鼓膜が弱く節目で苦労してきた。還暦でまた耳で苦しむとは参った。北海道から戻って自宅に籠っているのでブログネタが無くなった。外出したいが風邪なのでフラフラ。こんな時はランドローバーの思いを語るか。最近のディフェンダーブームの影に隠れてしまったのがクラシックレンジローバー。元々の登録台数も極端に少ない。ディフェンダーと違って英国からの並行輸入も少ない。たまにディーゼル中古車を輸入したが数台レベル。そんな関係で最近の中古車マーケットにクラシックレンジローバーは無いに等しい。古くからのクラシックレンジローバーファンはエアバック付きには興味が無い。システム的には旧タイプは理解しているがポリシーは曲げたく無い。



コレがクラシックレンジローバーだと信じているオールドファンは少数派だが存在している。冷風が出なければ無くてもいいかと最近考える。直ししてもどうせ壊れるならば現状維持か。クラシックレンジローバーのエアサスは極端に弱い。ならばコイルでいいか。そんな事を考えているとシンプル仕様がベストとなってしまう。バンプラが流行った時期も有ったが基本はスタンダード。オーナーカーは運転に喜びを感じる。バンプラは運転手付きが原則なのだ。風邪でフラフラなのにランドローバーを語っている私はバカか。でもクラシックレンジローバーが有ったから私のランドローバー人生がスタートした。クラシックレンジローバーは私が一番好きなランドローバーである事に間違い無い。もう無理なので寝ます。夢でクラシックレンジローバーを運転します。