昭和の匂いがするパンが無いパン屋。

最近のパン屋は店舗設計に拘ってパンの味は二の次か。街に出ればパン屋の数の多さに驚く。コンビニのパンも努力はしているが商売柄としての添加剤が頭をよぎる。普段からパン好きとしては日々目に入ったパン屋に飛び込む。好みなので一概に不味い美味いとは言えない。自宅の近くに昭和のパン屋を発見。しかしなかなかシャッターが開かない。営業時間を知る。週4日営業で11時オープン。パン屋は朝が早い概念が崩れる。朝11時にパン屋の前に。客が10人集まっていた。シャーターが開き店内に。パンが無いぞ。店の奥から焼きあがったパンが出てきた。トレー1枚。何が出てくるか解らない。客は入店のタイミングで有るパンを買う。次々と客が入って来る。店員と会話をして出ていく。オープン時には棚にパンが並ぶと考えていた私が間違っているのか。



何度か通いコレしか無かったので6個買った。美味い。なんだこの食感は。レジには90歳位のお婆ちゃんが立つ。腰が曲がりマイペースなのだ。カウンターの奥は薄暗い工場。トレーにパンが置かれている。このパン屋は何時から有るのか。不思議なパン屋なのだ。爺の私は並んでいるオバさんに聞く。このパン屋はオープンして何年ですか。40年前に引っ越して来た時は有ったと。恐るべしパン屋なのだ。棚に並んだ数種類のパンを確認したいと思っている私なのだ。

 

改造申請って知ってますか。

ランドローバーの中古車情報は定期的にチェックしている。相変わらず多いのがエアサスをコイルに変更したので安心です。なんてコメントだ。エアサス交換はお金が掛かる。しかし90年代と現在では驚く程に金額は安くなった。エアサスからコイルへの交換は悪くは無い。問題は改造申請を行っているかと言うことだ。以外に多いのが改造したけど申請を行っていないケースだ。



特に多い車種がセカンドレンジローバー。それだけ数多く新車を販売したのだ日本で。皆さん車検時にバタバタする。改造申請を行っているクルマの車検証には記載されている。この記載が無いと勝手にした改造車となる。申請しても受理されてないと意味が無い。受理されてないと継続車検は受けられない。これは大きな落とし穴となる。中古車購入時には忘れずにチェックをお願いしたいのだ。私は耳ダレに苦しんでおります。右耳が聞こえません。これから病院です。どの薬が効果有るのか二日毎に通院です。災難なのか運命なのか。勿論、運命なのです。何でも受け入れられる人間にやっとなれました。歳を重ねることは悪いことでは有りません。本音はちょっと苦しいですが。

英国好きが疼きました。

調子の悪い時でも映画は観れる。相変わらずレンタル映画鑑賞は続いている。最近観たお勧めはフラワーショウ。映画館の大画面で観たかったと後悔している。アイルランドで生まれ育った女の子の実話である。



英国のガーデンは素敵です。英国人の庭に対する思いは異常です。ちらっとディスカバリーとディフェンダートラックが登場する。ランドローバーがメインでは無いのでご理解願いたい。映画っていいな。

拘りでは無く好きな物って有りますよね。

昨夜は痛み止めの薬が切れて布団の中で泣いた。痛いのだ。男は痛みに弱い。耳ダレが始まり水分が。今朝は朝一で病院に飛び込む。お婆ちゃん先生はマイペース。喉と外耳は順調に回復している。しかし中耳から耳ダレ。悪い菌が無いか調べる。薬を変えたので金曜日に再診。耳にコットン球を詰める。全く聞こえ無い。しかし耳ダレが続くよりはいいか。私の病気話は飽きたことだろう。メールでは同年代の読者からお互い頑張ろうと。有難い。還暦オヤジは注意が必要。私の親父は60歳で亡くなった。私にとって60歳は壁なんです。さて私を知っている方は木村=リュックとなる。この10年は同タイプのリュックを使い続けている。実は2個を使い分けていた。しかしカメラやPCを入れるので痛みと汚れが激しい。すでに新品は販売していない。定期的にヤフーで中古品は探しいいる。なかなか同タイプは出品されないのだ。理想は4個有ると安心かな。私のライフスタイルには必要なアイテムなのだ。メーカーが再度販売することを切に願っている。



一ヶ月に一度はヤフーをチェックしている。見落としも有ると思うので見掛けたら是非教えて頂きたい。色もデザインも好きなんです。今回購入したのはほぼ新品。ラッキーでした。バカですよね3個持ちですから。

好きだなクラシックレンジローバー。

耳鳴りと炎症で聞こえない。小学生以来かな。いや気圧で鼓膜が腫れたこともあったな。とにかく生まれつき鼓膜が弱く節目で苦労してきた。還暦でまた耳で苦しむとは参った。北海道から戻って自宅に籠っているのでブログネタが無くなった。外出したいが風邪なのでフラフラ。こんな時はランドローバーの思いを語るか。最近のディフェンダーブームの影に隠れてしまったのがクラシックレンジローバー。元々の登録台数も極端に少ない。ディフェンダーと違って英国からの並行輸入も少ない。たまにディーゼル中古車を輸入したが数台レベル。そんな関係で最近の中古車マーケットにクラシックレンジローバーは無いに等しい。古くからのクラシックレンジローバーファンはエアバック付きには興味が無い。システム的には旧タイプは理解しているがポリシーは曲げたく無い。



コレがクラシックレンジローバーだと信じているオールドファンは少数派だが存在している。冷風が出なければ無くてもいいかと最近考える。直ししてもどうせ壊れるならば現状維持か。クラシックレンジローバーのエアサスは極端に弱い。ならばコイルでいいか。そんな事を考えているとシンプル仕様がベストとなってしまう。バンプラが流行った時期も有ったが基本はスタンダード。オーナーカーは運転に喜びを感じる。バンプラは運転手付きが原則なのだ。風邪でフラフラなのにランドローバーを語っている私はバカか。でもクラシックレンジローバーが有ったから私のランドローバー人生がスタートした。クラシックレンジローバーは私が一番好きなランドローバーである事に間違い無い。もう無理なので寝ます。夢でクラシックレンジローバーを運転します。