訃報を知り。

長年ランドローバー専門誌に関わっていると、ランドローバー仲間の訃報を耳にする。読者と編集者という立場を超えての付き合いも多い。取材時の顔や楽しく語り合った時間を思い出す。何時か自分も皆さんとのお別れの時が訪れる。ランドローバーを通し数多くの思い出を刻んできた。これからも数多くの思い出を刻むことであろう。



合掌。