72歳の現役整備士。

昨年末の山手線一周歩きで偶然再会したオートクラフトの大橋さん。私の北海道行きが重なりなかなか訪問出来なかったがやっと伺う事が出来た。約6年ぶりのオートクラフトである。大橋さんは72歳。元ローバージャパンのメカニックトップを勤めその後に独立しオートクラフトを設立。メカニック人生はランドローバー一筋の貴重な方なのだ。その大橋さんがまだ現役バリバリなのである。



工場には大橋さんが手がけるクラシックレンジローバーが置かれていた。大橋さんが納得する仕事を行う。オーナーは全て大橋さんにお任せ。金額も大橋さんにお任せ。出来上がったらお支払い。昭和の匂いがするオーナーと大橋さんとの信頼関係。



要はフルレストアに近い行程を行う。いや大橋流リフレッシュなのだろう。プラスチックパーツの修復方法を聞くと大橋流の答えが返ってきた。これは次号で紹介したいと考える私なのである。



エンジンも勿論組み直し。新車時のパワーですかと聞くといやもっとと言う答えが返ってきた。全国クラシックレンジローバーファンの皆様お待たせ致しました。久しぶりに大橋師匠と木村の師弟関係が復活致します。クラシックレンジローバーネタも増えると思いますのでご期待ください。