熊の彫り物と鮭の彫り物は昭和の象徴なのだ。

北海道と言えば熊の彫り物と鮭の彫り物が自宅に有った時代が有った。気が付かなかったが我が家の壁に鮭の彫り物が。私は興味が無いので遊びに来ていた釣り師齋藤さんに欲しいかと聞く。お袋はプレゼントを了承。本音はそれほど欲しくは無い彫り物を齋藤さんは受け取る事に。まっいい迷惑なのだ。

30年前の新築祝いに頂いたようだ。要は30年物と言う事だ。すなわち昭和の象徴なのだ。しかし私が考える仕事部屋には不要品。これは釣り師の部屋に似合う一品。齋藤さん可愛がってくださいね。毎日のように齋藤さん日笠さんと会っている私なのだ。友達が少ない証拠です。